ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

本・映画・ドラマ紹介

相棒 season16 感想まとめ|1~5話

毎年楽しみにしている相棒。 今シーズンは備忘の意味もこめて、毎話感想を書いていこうと思います。 ネタバレ無視して書きますので、未視聴の方はご注意ください。 5話「手巾(ハンケチ)」感想 4話「ケンちゃん」感想 3話「銀婚式」感想 1話「検察捜査」・2…

小説の人物描写をガン無視して、あとで脳内補完する癖が治らない。

みなさんは、小説を読むときに登場人物の姿をどのようにイメージしていますか? 描写を頼りにイメージをふくらますのが、本来の小説の読み方だと思います。 小学生や中学生だってやっている、とても簡単なことです。 しかし、僕自身はそんな簡単なことが、ど…

宇多田ヒカルの「花束を君に」の歌詞で気になっていたこと。

宇多田ヒカルの「花束を君に」の歌詞について。 歌詞のフレーズで気になる部分があって検索してみたけど、自分の感じたのと同じことを書いている人が見当たらなかったので書いてみる。 母の日も近いので、ちょうど良い話題かもしれない。 「花束を君に」は、…

相棒の神回に共通すること。

ぼくが毎シーズン楽しみにしているドラマ「相棒」。 警視庁の窓際部署、特命係の杉下右京が難事件を解決する刑事ドラマです。 ファンの間では、昔に比べてつまらなくなったと言われることも少なくありませんが、今期の相棒は全体的にクオリティが高いです。 …

キングコング西野の事は嫌いになっても、絵本「えんとつ町のプペル」の事は嫌いにならないでください。

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) - Spotlight (スポットライト) キングコングの西野さんがつくった絵本が無料公開された! の他、無料公開したときの言い分がけしからんだの何だのと、いろいろ話題になって…

アメリカ版、オタサーの姫。

手に取ったきっかけは、ドラマの設定が魅力的だったから。 無理やりたとえるなら、名作ドラマ「フレンズ」のギーク版って感じでしょうか。 男子4人組は、カリフォルニア工科大学の研究者。 左からハワード、ラージ、シェルドン、レナード。 4人とも超天才…

「君の名は。」にハマったなら、新海監督の前作「星を追う子ども」もぜひお勧めしたい。

大ヒットした映画「君の名は。」。 これまで新海監督の作品にふれたことがなかった人で、監督の他の作品にも興味がある人がいたらこの作品もぜひ観てみてほしい。 「君の名は。」は、劇中で何度も琴線を揺さぶられるが、「星を追う子ども」は、エンドロール…

おっぱいを揉むシーンですら泣いた。|「君の名は。」の感想

「君の名は。」を観た。 新海誠監督の過去作も素晴らしかったが、中でも「君の名は。」がことさら話題になるのも頷ける作品だった。 事前に酒が入っていたこともあるが、正直いってボロボロ泣いた。 ※以下ネタバレあり 「君の名は。」ほど泣けるアニメ映画は…

自分の才能を信じるためには、他人の才能も信じなくてはならない。

休日はいいですね。 いやな上司から解放され、使えない部下の顔を見ることもない。 こんな時間が永遠に続けばいいのに。 そんな会社イヤイヤ病にかかっている方に、ぜひお勧めしたい自己啓発本、もといビジネス書があります。 「さぁ、才能に目覚めよう」 と…

求人広告の営業が決して言わない、中小企業の新卒採用の真実。 ◎「逆転の新卒採用戦略」の感想

共同システム開発株式会社という従業員45名のシステム会社の社長が、自社の新卒採用戦略や求める人材について語った一冊。 中小企業の社長が語る新卒採用、インターンシップの話に興味があったので、ぼくは迷わず手に取った。 中小企業の新卒採用として、ひ…

学力女王「天明麻衣子」の素顔と頭の中。 @「圧倒的な勝ち組になる効率のいい考え方と仕事の仕方」の感想

「圧倒的な勝ち組になる効率のいい考え方と仕事の仕方」を読んだ。 Qさまでお馴染みの学力女王「天明麻衣子」さんの著書だ。 偏差値の高い菅野美穂といった趣の顔立ちで、個人的には「蹴られたい美女」トップ10に入る逸材でもある。 と冗談はさておき、本題…

耳の痛いコミュ力本。 @「飲みの席には這ってでも行け!」の感想

「飲みの席には這ってでも行け!」という本がある。 コミュニケーションに自信がない人にとっては、気になるような、手に取りたくないような、そんな一冊。 タイトルで損してるんだよなぁ、この本。 実際は飲みの席について書かれた部分はごく一部で、コミュ…

うつ病で不当解雇された女性が、解雇を受け入れるに至った過程。

ある中小企業の話。 うつ病で休職していた女性が解雇を言い渡された。 社長は、女性の復職と賞与を天秤にかけて従業員16名に投票させた。その結果、14名がボーナスを受け取ることを支持したため、解雇はその結果だという。 残酷だが、新興国との競争に勝ち抜…

明晰な並行世界。 @相棒シーズン14(17話「物理学者と猫」)の感想

録画したままでたまっていた相棒のシーズン14をようやく全て見れた。 少しマンネリになりがちだった相棒が、 シーズン14で息を吹き返したように感じられたのが相棒ファンとしては嬉しかった。次シーズンへの期待が持てる素晴らしい内容だったと思う。 なかで…

ゆとり世代のトリセツ。下から目線のリーダー論。 ◎高橋みなみの『リーダー論』を読んだ感想

もし全ての会社員が高橋みなみの『リーダー論』を読んだら…。 入社してすぐに辞めてしまう新人が、多少なりとも減るんじゃなかろうか。 そんな感想を持ちました。 「リーダー論」は、AKBの総監督として300人の「年頃の女子」をまとめ上げた、高橋みなみさん…

効率化の果てに、最大の非効率が潜んでいる。 @サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

『サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠』という本を読みました。 著者はフィナンシャル・タイムズ紙アメリカ版編集長であるジリアン・テット氏。本の帯に写っている方がそうです。 組織に蔓延る新しい形の腐敗を描いた一冊(正確には腐敗といってしまうと…

『マンガでわかる!安売りするな!「価値」を売れ!』を読んだ感想。 

マンガでわかる!安売りするな!「価値」を売れ! という本を読みました。ちょくちょくブログの記事を拝見している藤村正宏さんの本です。 マンガでわかる!とありますが、文章の合間にマンガが入っているという仕立てで、全編がマンガというわけではありま…

「翔んで埼玉」の感想。まさか百美ちゃんが○○娘だったとは…。

翔んで埼玉。 買いました。 読みました。 で、感想です。 「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」 の迷ゼリフも、物語がはじまった直後にさっそく登場!キター!! テレビ(月曜から夜ふかし)で紹介されていた埼玉ディスリ場面の数々はバッチリ健…

「マイ・インターン」の感想 ◎終盤の計算されつくしたシナリオに拍手

アン・ハサウェイとロバート・デニーロがW主演の映画「マイ・インターン」を観てきました。 プラダを着た悪魔のその後のような、という売り文句でつい興味を惹かれてしまったのもあるけれど、人材に関わる身としてインターンというキーワードに反応してしま…

そろそろ新相棒の反町について語る。 @相棒 シーズン14

今年も始まりましたね。 相棒の新作、シーズン14。 今期からは反町隆史が新相棒として登場。 GTOのイメージがあったので、ワイルドなキャラクターをイメージしていたのですが、実際は真逆の、策を弄する曲者タイプでびっくりしています。 出典:http://www.t…

恋愛工学生は、いかにして生まれるか。

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 ちなみに、藤沢先生には申し訳ないが本は読んでません。 この記事を読んだだけ。 でも上にあるエピソードを読んで、恋愛工学の正体は分かった気がする。 恋愛工学はモテるための理論ではない。 正確には、ヤルための理…

暇だから、コーヒー片手に相棒の最終話(Season13 「ダークナイト」)を観てみた。やっぱり相棒は面白い。

※いちおう断っておきますが、軽いネタバレが含まれます。 休みを利用して、ようやく観れました。 相棒のシーズン13、最終話「ダークナイト」。 これまでの相棒の傾向として、映画やスペシャルはいまひとつであることが多いと思っていたのですが、いやはやこ…

就活に関わる人、すべてに配布したい本。

内定童貞。つい買ってしまった。 リクナビ・マイナビのオープンに合わせた商売っ気満載の発売タイミング。カモられてるなぁと思いつつも「内定童貞」というタイトルに惹かれ、つい手に取ってしまった。でも、結果的に買って良かった。すごく良かった。とんで…

十数年ぶりにハリーポッターを観たら、ドキドキじゃなく、ハラハラした。

せっかくの連休だから普段できないことをやるぞ!と思って、ハリーポッターをここ数日で一気に鑑賞。なんとか最終日までに完結できました。・1作目:ハリー・ポッターと賢者の石・2作目:ハリー・ポッターと秘密の部屋・3作目:ハリー・ポッターとアズカ…

腰の低いコンサル本。

久しぶりに意識の高まりが最高潮に達してしまい、やめときゃいいのに、ビジネス書に手を出してしまいました。読んだのは『コンサル一年目が学ぶこと』という本です。ざっくり言うと、 ・コンサル流話す技術 ・コンサル流思考術 ・コンサル流デスクワーク術 …

相棒13話が、久しぶりの神回だった。

珍しく予定がなかったので、まっすぐ帰宅(と言っても遅々ですが)。 ダラダラっとお酒を流し込みつつ録画していた相棒を見ていたらこれがすごかった。久々に神回。途中からお酒を放り出して、見入ってしまった。 和製シャーロックホームズと呼ばれる杉下右…

相棒の視聴率が下がったのは、杉下さんがブルブルし過ぎるから。

http://purple.noblog.net/blog/p/11479633.html2013年秋ドラマ視聴率ランキング 毎年、秋のドラマは良作が多くて、ついついドラマをたくさん観てしまう。僕が観ているのはこの4本。リーガルハイ2相棒12ドクターX2ダンダリンダンダリンを除いて、いずれも人…

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.