読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

向かいの席に、知らないオッサンがいてくれてありがとう。

日常 日常-ネタ

http://anond.hatelabo.jp/20131007155838
相席って拒否できないの?

 

わかりすぎて辛い(笑)
ビジネス街の昼。
とくに中華屋での相席実施率はハンパない。

だけど、向かいに知らないオッサンがいるならまだいいよ。
男2人で店に入って、
4人テーブルにカップル座りさせられたときは
帰りたくなった。

店主的には、さらに追加で客が来た時のことを
考えているんだろうけど、本気で勘弁してほしかった。

しかも、すぐに客が入ればいいが、いっこうに来ない。
食事を終えた人たちがどんどん立ち去っていく。
道行く人からわりと見える感じだったのだけど、
どう見てもガチホモな光景でした。

自意識過剰という考え方もあるだろうけど、
気になるものは気になるので、
飯マズだったとしか言いようがない。

最近、ラーメン屋さんでも、席の間隔を広くとるなど、
パーソナルスペースを意識した店が増えてきた。

人々が他人を許容できないほど疲れているのか、
自室での生活など、生活習慣の変化によりそうなっているのか分からない。

でも一つだけ言えるのは、
相席にストレスを感じる人は、弱いよね。
周りを気にせずガーッと飯を食える人が生き残っていく社会なんだろうなぁ。