読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

セブンイレブンは一番便利だけど、一番つまんないコンビニでもある。

日常 日常-ネタ

http://alfalfalfa.com/archives/6888778.html
セブンイレブンの「金の食パン」がうますぎる件
これは食パンの概念を変えたわ


そこそこウマいよね金の食パン。金の食パンに限らず、セブンイレブンの卒のなさには恐れ入る。品揃え。PB商品の品質。サービスのラインナップ。

でも、逆に言うと、優等生すぎてつまんない。120%主観だけど、セブンイレブンはいい子ちゃんだ。必要なものは大抵置いており、全部合格点の品質。完成されすぎててワクワク感がない。思わずツッコミたくなるようなセレクトが皆無だ。

セブンイレブンは、個人的には全コンビニ中で一番、衝動買いしないコンビニという気がする。どの商品を見ても、あーこれは売れるねよねー(棒読み)ってな商品ばっかだ。ある意味すごいマーケティング力だなとは思うけれど、予期せぬ出会いがないのがつまらんのですよ。

個人的には、なんでこんな商品作ったんだ。なんでこんなの仕入れたんだ。

という、「このコンビニ、アホだな(良い意味で)」と笑える愛され要素が欲しい。

明らかに地雷っぽい新作カップ麺とか、無駄に高級ビール置いてたりとか、負のオーラが漂う弁当とか。

単品管理で売れない商品を徹底的に間引いていった結果、その戦略を一番徹底できているがゆえに、セブンイレブンは、もっとも無個性なコンビニになってしまった。

たしかに金の食パンはそこそこウマいけど、ウマいパンなら、僕はパン屋さんの食パンのほうが、食べていて幸せな気分になれる。ローソンがたまに仕入れる、外れの新作パンのほうがテンションが上がる。ヤマザキの適度にラフな接客が気楽でいい。ファミマのパスタへのこだわりが愛しい。サークルKサンクスの見慣れないパックジュースにトライするのが楽しい。

思えば、原田さんの頃、迷走していたマクドナルドも僕は好きだった。チェーン店の「ブレ」というか「ゆらぎ」みたいなところが個人的にすごく好きだ。

でも周りにはどんどんセブンが増えていく現実。
なんだかなぁ。

※いろいろ書いたけど、店舗により状況はたぶん異なります