読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

非正規労働者を無期雇用⇒低い待遇のまま、ずっと会社に尽くしてね。

考え方 考え方-人材

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131117/k10013116051000.html
非正規労働者を無期雇用の企業が4割 NHK News

 

こういう記事とかニュースって、
ほんとに無責任だし、ヒドイと思う。

非正規労働者が同じ企業で5年を超えて働くと、
求めに応じて無期雇用にすることを義務づけられて、
今のところ4割の企業が、希望があれば転換すると言っている、
ということだけど、大事なのは、

無期雇用≠正社員 ということ。

無期雇用にはなれても、
正社員と同待遇になることまでは保証されていないのだ。

元々正社員として採用されていた人たちよりも
給与水準が低くなるかもしれないし、
重要な仕事は任せてもらえないかもしれない。

劣悪な待遇のまま有期雇用から無期雇用に変わっても、
その人の生活は、きっと安定することはない。
結局、正社員との格差を感じて、不安を抱えたまま働き続けることになる。

極端な例えになるけど、たとえば月給100万もらえるなら、
有期雇用でも、将来に悲観しないだろう。

無期雇用だから不安定なのではない。
職務内容や待遇が劣悪だから、
「こんな場所では、長く働けない」
と感じて、不安定な生活をおくることになるのだ。

まぁだからと言って、
「能力のない人も、みんな一律で正社員と同じ待遇にしなさい!」
という主張もヘンだと思うので、困ったもんだなと思う。