読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

ホームページの美しさに惑わされると、新卒の優良中小企業を見逃してしまう。

考え方 考え方-人材

f:id:halmali:20151110215916j:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000008-fsi-bus_all
景気好転も厳しい採用枠 就活1日解禁“最後の12月”

2015年度の新卒採用がはじまった。

ナビサイト等々に関わっていた僕にとってはその準備のため、ここ1、2ヶ月しんどい日々が続いていた。サイトがオープンして、ようやく忙しさから解放されたので、就活で思うところを少し書く。

 

率直に言うと、損してる中小企業が多いなぁってこと。逆に言えば、就活生も損してるなぁという話でもある。

 

たしかに学生の段階で、優良な中小企業の価値に気付くのは至難の業だと思うが、世のお父さん、お母さんは、やれ商社だ、やれ銀行だ、上場企業だと誰でも知ってる簡単な答えを連呼するヒマがあったら、お子さんの企業研究をきちんとサポートしてあげて欲しい。

 

ナビサイトに関わっていると、世の中にはこんなに幸せな会社があるのかと涙が出そうになることがある。

 

年収が平均から平均ちょい上くらいのレンジで、休みもきちんとあり、残業もそこまでキツくない会社。事業内容的にも、そこまで悲観すべき点は見受けられない。This is ちょうどいい会社が割と見つかるのである。

 

ただ、せっかくの企業との素敵な出会いであっても、学生が敬遠してしまう要因がいくつかある。

 

【1】ホームページがダサダサ

大企業のHPのようなスタイリッシュなデザインとは程遠い。ひと昔、ふた昔前の町工場的な感じ。イノベーションの「イ」の字もない。大学出てこんな場末の会社で働くの? 一生?? あり得ない!なーんて思うんだろうな。学生は。僕も学生だったなら、きっとそう思うだろう。友達に恥ずかしくて言えない。フェイスブックが更新できない!!と。

 

でも、あなたやあなたのご両親が一流だと思っているカッコイイHPの会社が、その会社から商品を仕入れてたりする。実は海外に工場持ってたり、ヨーロッパ、アジアに販路を持ってたり、ヘタな大企業より、よっぽどグローバルだったりもする。

 

さて、ホームページのダサさを乗り越えて、エントリーした学生たち。そこに第二関門が待ち受ける。

 

【2】社屋が絶望的にボロい

郊外の会社で周りに畑とかがある。最寄り駅が聞いたことないような駅だ。周りにスターバックスなんて当然ない。サエないおっさん2、3人が、雑談しながら表でタバコ吸ってたりする。

 

ただこれって裏を返せば、社屋の古さは歴史があるってことだし、メーカーなんかは特に広い敷地が必要なので、どうしても郊外の社屋になってしまう。オッサンがたくさんいるってことは、定年まで働ける組織構造があることの証明だ。雑談しながらタバコ。いいじゃないか、ゆとりがあって。

 

さて、会社のボロさを乗り越えた就活生は、さらに衝撃を受けることになる。

 

【3】説明会が地味!!

大手企業のようにモデルのようなキレイな女性は当然出てこない。先輩社員もどこか、おっとりした感じがする。パワーポイントの資料も古めかしいデザインだ。というか、そもそも参加学生の数、少なっ!!帰りがけに渡されるパンフレットもダサッ!というか社内もやっぱりボロッ!

 

だが、人は総じて温かい人が多い。個人的には女性も感じのいい人が多い気がするが、これは僕の好みかもしれない。ギラギラした人はいないが、地に足ついた仕事をしており、案外、既婚者の割合は高かったりする。パワポはデザインより中身に集中しよう。
パンフレットは古いのを使いまわしてるだけ。というか、お金は実はないこともないんだけど、印刷所とかに頼んでたりするからパッとしないモノになってたりする。たしかに社内はそんなにキレイじゃないかも。でも、そこってそんなに重要?まぁ、トイレくらいは清潔であって欲しいが。

 

まとめ

一流大学でコミュ力も高い人は、大企業ばかり受けるのでもいいだろうけど、並の就活生が人生の一発逆転を狙うなら、他の学生に先駆けて、優良な中小企業を探し出すことが一番の近道だと思う。

 

ちなみに都心のキレイなオフィスビルに入っており、ホームページもキレイで、パンフレットも品が良く、でもブラック企業ってところはいくらでもある。

 

分不相応なオフィスを構えている会社は、それだけ経営的に無理をしていると考えるのが自然で、その無理は社員の待遇に必ず跳ね返ってくる。イケてる風を装っている企業ほど胡散臭いところはない。

自己分析も大事だけれど、真に大切なのは企業分析(企業研究)なのだ、きっと。

 

ちなみに僕は街中で働いているが、平日、スタバにはほとんどいったことがない。コーヒーは大抵、セブンイレブンで買っている。昼ごはんは時間がないので、マックか牛丼、あとラーメンが多い。

 

就活は、名より実が大切だ。

この事実にどの段階で気が付けるかで、学生の運命は変わる。