読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

容姿は、究極の才能。

日常 日常-ネタ

http://b.hatena.ne.jp/entry/bylines.news.yahoo.co.jp/miyazakitomoyuki/20131211-00030559/
東大卒の女子(28歳)が
承認欲求を満たすために、ライブチャットで服を脱ぐまで(宮崎智之)


読んだ。
衝撃を受けた。
東大生が脱いだことにではない。
ここに書かれている意味に対して
共感できてしまえる自分にだ。

 

「友達から可愛いと言われたこともあったけど、それは私の性格とかを含めてのこと。純粋に外見だけで判断されてほめられたときのインパクトは相当なものでした」

社会的に認められて収入もある。しかし、それは高木さんの経歴や仕事の能力が認められているということだ。高木さんが承認される時には、必ず「外見以外」の理由があった。

「例えば論文が世の中で認められた女性がいたとしても、誰かから写真を見て『ブス』と言われたら、その言葉はすごい破壊力を持つと思うんですよ。『美人じゃないから頑張って成功したんだね』とドヤ顔で言う人が必ず出てくる。一方、外見が良ければ無条件でほめられます。すべての女性がそうではないと思いますが、私にとっては『女性』としての承認欲求と社会的な承認欲求とは、まったくの別腹。本当に求めていた『承認』はこれだったんだと、ライブチャットを始めて気がつきました」


頭の良さも才能だと思う。
でも、努力でどうにかなると信じられている部分がある。
何でもそうだが、後天的に獲得できるものは希少性が低い。
(たとえば、就活で地頭力を見られるのも、それが才能だと信じられているからだろう)

対して、容姿は努力で変えられない。
だから尊い。だからそのルール破りとなる整形は、世間から叩かれる。

こういう心理を突きすぎた記事は怖い。
無自覚に、人を追い込んでいる気がするから。