読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

送料0円病とマックデリバリー。

考え方 考え方-生活

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000169-jij-bus_all
来年の復活期す=新メニューと宅配で―日本マクドナルド


こりゃ便利だ。さっそく頼もう!
と会員登録してメニューを開いて驚愕。

た、高い!!!

ダブルてりやきマックバーガー¥420だと。
店頭でクーポン使えば¥300なのに。
クーポンを使うボタンを必死で探したがどこにもない。

マックデリバリーでは、クーポンは使用できないのだ…。

いやいや、値段には送料も含まれてるんだよ。

と思う人もいるかもしれないが、
送料は1回の利用につき、別途300円かかる。
しかもいくら注文しても送料無料にならない。

結局、代表者がみんなの注文メモを持ち
マックに買いに走るという、
いつもの結末になってしまった。


で、「あーあ、マックデリバリー使えねーなぁ」
とか何とかボヤいていたとき、ハッとした。
配達してもらうんだから、高くなるのは、
むしろ当たり前だよな、と。

宅配ピザとかネット通販を使いすぎて、
「送料無料」という売り方に慣れすぎている自分に気がついた。

僕にとって、送料は0円が当たり前なのだった。

内訳は知らないが、とにかく送料という名目で
お金を取られることに、ひどく抵抗を感じてしまう。
海外旅行でチップを払うときの感覚にちょっと似ている。
日本では払わなくていいのに…と。

これは病気だ。

しかも、ちょっとやそっとでは
完治できそうにない病気。

だって、ここまで思い至っていながら、
僕はマックがサービスを改定してくれることに
期待してしまっているから。