読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

客は契約内容以上のサービスなど、求めていない。すべては経営者の自己満足。

考え方 考え方-仕事

この場合の日本人って、誰のこと?

というのは、しっかり考えておきたいところ。

個人的には、下記のこの話題が答えの一つなのかなと感じている。

http://nomenzura.net/entry/2014/01/09/142018
女性店員が釣り銭を渡す時に手を握ってくるのが気持ち悪い


手を握るのが本当にサービスを意図したものかは、
正直疑問だけれど、中には要求するどころか、
お客さんが逆に「やめてくれ」と思っているサービスも多いということだ。

これは経営者の勘違いによるところが大きい。
以前のマクドナルドの60秒キャンペーンなんか良い例だと思う。

かなりの人が不快に感じていたサービスであっても、
トップダウンで号令がかかれば、現場のスタッフはやらざるをえない。
客も苦痛、店員も苦痛、win-winの逆を行く最低最悪のサービスだ。

といっても、売上が行き詰ると「何かサービスでも…」と
考えるのが経営者の性なんだろうなぁ。
ビジネスを根本から見直さずに、
小手先の「お得感」で誤魔化そうとするからみんなが不幸になる。

思えば、CDに握手券をつけた人は偉大だった。
同じ「手を握る」サービスでも、
時と場所が変わればお客は泣いて喜ぶのだから。