読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

BBQ48(阪神百貨店の「駅弁大会2014」に行ってきた)

日常 日常-ネタ

f:id:halmali:20140125115005j:plain

阪神百貨店の8Fで開催中(28日まで)の
駅弁フェア的なものに行ってきた。

阪神の有名駅弁とうまいもんまつり
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/ekiben/index.html/


駅弁以外に地域の特産品も扱っており、おつまみになりそうなものがたくさんあった。ご当地スイーツみたいなのもあったかな。夕方に行っていたら、もっと色々買ってしまったかも。

で、今回買ったのが写真のお弁当。会場にお年寄りが多かったせいだと思うけど、これだけ、あきらかに売れ行きが悪そうだった。駅弁なのにご当地感が皆無というところがすごい。山梨のお弁当らしいけど、一瞬、秋葉原の駅弁かと思ったレベル。パッケージが弁当から逸脱しすぎており、ツッコミどころ満載。黒地にピンク色で「BBQ48」って…。食品関係のデザインしてる人が見たら卒倒しそうな色使いだ。

とまぁ何やかんや言いつつも、面白そうという理由でこれに決定。
たぶん、作った人たちの狙い通りの買い方をしてしまった。

ちなみに中身はこんな感じ。
農林48号という幻のお米が使われているので、
こういうネーミングになっているらしい。

f:id:halmali:20140125115114j:plain


第一印象は『部活』って感じだろうか。ネーミングは、BBQ48なんだけど、むしろ武士(もののふ)という単語が頭をよぎった。こうして茶系の弁当を見ると、彩りの大切さを改めて考えさせられる。

結論から言うと、味はそこそこ。一つ一つの素材は「あ、ちょっと違うものを使ってるな」と分かる味だった。コンビニ弁当のような均一な感じがしない。味がしっかりしている。時間が経っていたせいで、ご飯はちょっと固かったけど(ご飯がウリの弁当なのにこれでいいのか?)。


また買いたいですか?というアンケートがあったら、まよわず「No」だけど、一期一会の楽しみとしては良かったんじゃないかな。本当の旅行先だったら、絶対選ばない弁当だと思うし。

僕の買ったネタ的な駅弁はさておき、実際には、何とか牛が贅沢にドーンと載っていたり、ウニやイクラが盛り盛りだったり、バリュー感満載の駅弁たちがひしめいており、すごい活気だった。杖をつきながらもグイグイ人垣に割って入る、お年寄りの元気さにも圧倒された(笑)

開催は28日(火)まで。
もう一回くらい…行こうかなぁ。
ちゃんとしたのも食べたいし。