ツイブロ

人材業界で働いています。ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれを書いています。

相棒13話が、久しぶりの神回だった。

 珍しく予定がなかったので、
まっすぐ帰宅(と言っても遅々ですが)。
 
ダラダラっとお酒を流し込みつつ
録画していた相棒を見ていたらこれがすごかった。
久々に神回。途中からお酒を放り出して、見入ってしまった。
 
 
和製シャーロックホームズと
呼ばれる杉下右京。
 
ホームズとワトソン。
孤独な男と孤高な男。
杉下の書く推理小説を通じて詳らかになる、事件の真相。
 
やむにやまれぬ犯行。
悪意はなく、
それは愛なのか、優しさなのか、
単なる男の弱さなのか。
 
穏やかな幕引き。
英国紳士のように落ち着き払った犯人の佇まいが、
事件のもの悲しさを引き立てる。
 
 
最後の甲斐享のセリフ「"右京さん"の友達です」の
ワンフレーズも心憎い。
悔しいけど唸らされました。
 
 
ぼんやりと、
相棒のシーズン7。
「密愛」の回を思いだしてしまった。
 
トリックのない殺人には、
感動がある。
 
思いがけず、週末に楽しい
ひと時を過ごせてうれしかったです。
たまには飲みに行かず、まっすぐ帰るのも
正解なんだなと思える体験でした。

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.