読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

オフィス街の大盛り競争を禁止せよ。

考え方 考え方-生活

お酒の飲み過ぎでぽっこりお腹になっている身としては、釣られてつい読んでしまった。

でも、この記事で、“40代から60代男性の3人に1人の割合で肥満になっている”ってあるんだけど、この原因って、オフィス街の飲食店が大盛り競争をしているせいだと思うんだ。

飯屋としては、量を減らして単価を下げるより、量をマシマシにして単価を上げるほうが、お手軽に利益をUPできるのだけど、競争がいきすぎた結果、オフィス街のランチはあきらかにボリューム過多になっていると思う。

ファストフードも牛丼の並盛なら全然良いけど、ちょっと料金をプラスして大盛り特盛にすると途端にカロリーオーバーだし、ハンバーガー系のお店もセットに付いてくるポテトが、接種カロリーを半端なく引き上げている。つけ麺屋でも、麺の量を増やしても料金が同じというシステムがよく導入されてたりする。

とっても不条理に感じるのが、オフィスで毎日カップ麺すすってるヤツらがスリム体型で、一見、カップ麺組より健康的に見える外食組がどんどん肥え太っていくというパターン。カップ麺はカロリーだけ見ると、案外妥当な数字なのだ(日清のカップヌードルのカロリーは343kcal)。外食で定食を食べると、メニューにもよるけど普通に800、900オーバーすることもある。女性に人気で、割とヘルシーなイメージのある大戸屋でもメニューを見ると、肉系メニューは、かなりカロリーが高い。

https://www.ootoya.com/menu.asp?tcid=1

 
大抵の定食は、満足感を与えるためか、自分で思うよりちょい量多めに設定されている。個人的に飯を残すのが嫌いなので完食するけど、本当言うと、ご飯抜きくらいの分量が、ちょうど8分目くらいの適量なのではないかと思っている。

十六雑穀米にしてるから大丈夫とか、そういう話ではないのだ。