読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

悪いが、大阪市交通局のデザイナー募集は、良い求人です。

考え方 考え方-人材

大阪市交通局がIllustratorやPhotoshopを使えるプロのデザイナーを月額112,600円で募集しTwitterで炎上中 - ライブドアニュース

 

これからもクリエイターやタレントはみんなタダで使い倒そう!


大阪市交通局がデザイナーを募集しており、その待遇が悪いってことで炎上している。で、2個目の記事の何とかって人は、ロウスキルのデザイナーなんて巷にあふれ返っているので、需給の関係で待遇は悪くて当然と…。

うーん。
まず僕には前提が違って見える。

この求人パッと見は、劇的に待遇が悪いように見えるけど、実はそうでもないと思う。それは需給の関係云々ではなく、デザイナー引退した主婦とかがサクッと働くには悪くない職場に見えるのだ。

たしかに似たような仕事は探せば見つかるだろうから、これが最高とは言わないけど、大阪市交通局ってことで、デザイン系の会社にありがちな長時間労働はないだろうし、休みもきっちり取れそうな感じがする。変なしがらみもなく、時間がきたらサッと帰れそう。非常勤ってのも、パート感覚で働くつもりなら別に良いじゃん?と思う。

それに何より、みんなが言うほど高スキルを求めてもいないんじゃないかな。

デザインの経験年数は特に明記されてないし、ワードも簡単、エクセルも表計算くらいならできる人いるでしょう。電話対応もまぁやれと言われれば。WEBページ運営業務ってのも、ちょっとした更新作業だと思う。

なんつーか。
元デザイナーの主婦が、昔取った杵柄で、楽しみながらできるお仕事としては上々なんじゃないかと。時間長めのパートと思えばいい。いまさらスーパーのレジはヤダし、かといってオフィスで事務員ってのでもないし……、って視点で見ると、この仕事なかなかに魅力的に見えてきませんかね。

そりゃ、これから一旗上げてやるぞっ!って息巻いてる若手デザイナーや経験ウン年のベテランから見れば、こんな求人ダメダメだと思う。当たり前だ。

だって、そもそも、あなたたちは広告のターゲットじゃないのだから。

広告的なことを生業にしてる人たちが、この事実に気が付かずにワーワー言ってることが、非常に残念。残念すぎる。

こんなんだから、何とかって人に変な記事で煽られてしまうんだ。