読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

DeNAの遺伝子検査『MYCODE(マイコード)』をやってみた。

日常 日常-ネタ

マイコード パッケージ外観

MYCODE(マイコード) |株式会社DeNAライフサイエンス

自宅で遺伝子検査ができるというDeNAのMYCODE(マイコード)。

勢いで申し込んでしまいました。

 

反射的に注文してしまったので、頼んだことを忘れかけていたのですが、到着は案外早くて、申し込んでから2日くらいで届きました。

 

そんなわけで検査してみた感想を書いてみます。

 

さて。

さっそくマイコードの箱を開けてみると、こんな感じ。

マイコード 中身

 

唾液を採るキットと検査ガイド。

同意書や説明書などが入っています。

 

同意書と説明書 マイコード

 

これが同意書。

右下の検査コードは消してます。

バーコードと9ケタの数字が書かれていました。

 

同意書といっても、わりとアッサリしてます。日付と、名前、住所、生年月日、電話番号、性別だけです。

 

あと、研究に協力するかどうかの同意(これは任意)もありました。

そんなわけで、そろそろ唾液の採取を…。

 

唾液採取 マイコード

 

写真はキットの封を切った状態です。ジョウゴ型のところに口をつけて唾液を流し込みます。「HERE」と書かれているところまで入れます。けっこうな量です(汗)

 

終わったら、ジョウゴを外して、右側のフタをして完了。フタをすると青い液体が流れ出して、唾液に混ざるので、軽く振って唾液と混ざるようにするみたいです。

 

これで唾液が日保ちする、というと気持ち悪いですが、検査が終わるまで保存が効く状態になるようです。

 

※ちなみに、検査の30分前からは、水以外のものを口に入れてはいけないそうです。口紅もダメらしいです。でも、健康診断と違って水が飲めるので、全然ラクですね。

 

ところで、僕は緊張すると口がカラッカラになったりするくらい、あまり唾液が豊富なタイプではないのですが…、

 

レモンのカード マイコード

 

そんなことを見越してか、

唾液の分泌を促すためのオカズ(笑)も付いていました。

レモンの写真。

 

そんなアホなと思うような原始的なアイデアですが、なーんかこの感性というか、遊び心がDeNAっぽいですよね。一周まわってクレバーな感じがします。

 

ただ、これ、やってみると、意外と効果アリです。写真を見ながらレモンをかじる想像をすると、唾液がドバドバ溢れてきます。

 

あまりに効果的すぎて、3分持たずにあっさり採取完了。

 

唾液を入れ過ぎてしまった検査キット

 

というより、むしろ多すぎて溢れてしまいました。

ただ、多すぎるとダメらしいので、少し捨てて、線のところにくるように調整しました。

 

唾液に青い液体を混ぜて完了

 

フタを締めると青い液が流れ出して、唾液と混ざります。

軽く振って馴染ませたら、これで採取は完了。

付属のビニールに入れて、同意書と一緒に封筒へ。

あとはポストに投函して結果を待つだけです。

 

※投函する前に、自分の検査コードを会員ページのフォームに入力しておく必要があります。

 

まとめ(検査を終えての感想)

思ったよりずっと簡単にできて、

これなら空いた時間にサクッと検査できそうだなと感じました。

 

値段(2万9800円)については、結果を見て満足できるかどうか次第といったところです(他に、1万9800円、9800円のコースもありました)。

 

だいたい2~3週間くらいでWEB上で結果が閲覧できるようなので、いまから楽しみです。

アンケート マイコード

 

あと、検査と合わせてWEB上で生活習慣に関するアンケートに答えておくことで、健康的な生活をおくるためのアドバイスももらえるみたいです。

 

せっかくなので、僕は全部答えておきました。というわけで以上です。

 

【こんな記事もあります】