読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

「就活に失敗しても大丈夫」論を唱える人は無責任だ。

考え方 考え方-人材

f:id:halmali:20141018222729j:plain

とあるエントリーを読んで感じたことを書きます。

リンクは、貼りません。
というのも、僕の中でこの思いは、特定のエントリーどうこうではなく、これまで見聞きしてきた諸々を通じて、あぁ、と腑に落ちた話だったから。

就活に失敗しても大丈夫論者のほとんどが、

・企業の社長
・一流・有名企業の人orOB
・識者(教授など)
・記者
・有名ブロガー
・求人ビジネスに従事する人

と、こんな感じなんですね。
環境や才能、能力、財力などに恵まれた人たちの発言や関係者のポジショントークらしきものが目立ちます。

発信力がない人の意見はそもそも世に出ないのだから、そんなの当然じゃないかという主張はあるだろうし、もっともだと思います。

僕はこうした人たちの「就活に失敗しても大丈夫」という主張を否定したいわけじゃありません。むしろ積極的に肯定したいし、そんな社会になった方が息苦しさは少なくなるのになぁとすら思っています。

でも実際は、この手の人たちがいくら主張しても、逆効果にしかなりません。結局のところ、「アナタが特別だから、そんなことが言えるんでしょ」の域を出ないと思うんです。

美人タレントが容姿なんて関係ないって言ったり、スリムな人が体型なんて気にしなくてもいいって言ったり、持てる者が持たざる状況を肯定する構図は様々ありますが、どれもまったく信用なりません。どの顔が言うか、という話です。





さて、ここからが軽い絶望タイムで、じゃあ逆に、就活に失敗した普通の人が語る、「就活に失敗しても大丈夫」ストーリーなら共感できるのか、と。

そう感じる自分にガッカリですが、サッパリ共感できませんね。

僕はきっとこう思うでしょう。一応、失敗しても大丈夫なのかもしれないけど、どうせなら成功しといたほうが良いじゃないか、と。

仮に僕が学生で、このエピソードを聞いても、「話を聞いて安心したから、就活に必死になるのはやーめたっ」なーんてことにはなりません。絶対。

ここまでボンヤリ考えてみて、
就活問題の根深さが、少し垣間見えたような気がしました。

ようはみんな「大丈夫レベル」の人生なんて、まっぴらゴメンなんですね。

絵に描いたようなハッピーな人生を歩みたいし、それ以外は「しんどくてヤダ」「リスクありすぎコワ~イ」と思っている。だから多くの人が、就活にこだわるんです。

こうした理想を追い求める考えを頭ごなしに否定するのも、大丈夫なんとかなるさーと無責任に勇気づけるのも、きっと大人の自己満足です。学生は理屈じゃ納得できないし、安心もできないと思います。

繰り返しますが、

"就活に失敗しても大丈夫。俺も大丈夫だったから。"

では、その人が特別だったという話で終わってしまいます。
大事なのは、はっきりとデータで示すことです。

そう、たとえばこんな具合の。

f:id:halmali:20141018194250j:plain

 

まぁこのグラフは適当にでっち上げたニセモノなわけですが(笑)

なんらかの切り口で、就活に失敗した(入社が決まらなかった)人のほうが優位であるというデータを提示できなければ、いくら理屈をこねくり回しても、それはキレイごとでしかありません。


現実は甘くないのです。
就活がうまくいかなかった人が
後から逆転する道は、就活以上に狭き門です。