読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

元リクルートの方の、コピーライティングに関するWEBセミナーを聞いた。そして、そのセミナーのもっとも重要なポイントを補足します。

考え方 考え方-仕事

人を魅了するプレゼン9のコツ|相手がつい前のめりになる圧倒的な伝わり方 | コンラボ

ちょっと前にホッテントリに入っており知ったサイト。
コンサルタントラボラトリーが無料WEBセミナーをやるということで、業務中にこっそり音声だけで受講してみた。

「“ピラミッド型”コピーライティング術」無料ウェブセミナー


最近、上場して話題のリクルート出身のコピーライターがコピーライティングについて語るということで、何かの足しになるかなぁと思いつつの受講。

結論から言うと、素晴らしく良いことを言っていたと思います。

コピーを書く上では、
その前提として、

・ビジネスマインドの理解
・マーケティング・ビジネスモデルの理解
・顧客心理・行動真理の理解
・構造化(仕組み化)

という基礎となる土台が必要だと言う理屈。

言葉をこねくり回す前に、その文章で何を伝えるか、顧客は何を考えているのかという「そもそも」のところに思い至っていないと、効果的な訴求ができませんよというスタンスは大いに賛同したいところでした。


が、

この無料セミナー。

終盤では、有料商材が紹介されます。

まぁそれ自体は「そりゃそうだろ、ボランティアじゃないしなー」と思うのですが、これをセミナー終了直後に反射的に購入してしまっている時点で、無料セミナーの意図を吸収しきれていないことは丸わかりといいますか。

もっと言えば、アホなのでアナタの事業は成功しないんじゃないですかと言いたいわけです。

というのも、無料セミナー内で、
フロントエンド商品とバックエンド商品という解説がありました。

今回の無料セミナーがまさにフロントエンド商品なんですね。
無料ではありますが、トライアル商品であることにかわりはありません。

狙いは、終盤のバックエンド商品にあるわけなのですが、
そこまで思い至れば、購入に慎重になるのは、まぁ当然なわけです。
なぜなら彼らの紹介するテクニックそのままの手法で、
このWEBセミナー自体が展開されているわけですから。


さて。

有料セミナーへの誘導ページには、
このセミナー受講者の声が紹介されていました。

実名が表示されているので検索してみると……


業務委託契約、ライセンス契約、代理店契約、海外事業契約等の業務提携契約のお悩みなら業務提携・契約ドットコムへ

 


癒し・ケア・カンパニー


ほっそり脚専門トレーナー 秋元恵久巳 公式サイト|パーソナル・コンディショニングオフィス PURANA88


こんな感じのホームページが出てきました。

WEBのリテラシーの高い方であれば、
見た瞬間、感じるのは、「胡散臭い」の一言だと思います。
(実態は無視して、あくまで印象の話をしています)

ようは、セミナーのノウハウを生かしてHPに要素を展開すると、よくある「怪しい商材売り」そのままんまの、胡散臭い形になってしまうよ、ということなんです。

セミナー受講料は4万円弱ということでしたが、数十万かかっても、しかるべきプロに(この選定が案外難しかったりするのですが)依頼をしたほうが、長く続けていく上で有用な、誠実な商売の店構えが構築できるのではないかと、そんなことを思いました。

売り売りのコピーを学びたければ、
ぶっちゃけ、こういのでも事足りるわけですしね。


個人的には、コピーライティングってもっとも盗作しやすい発明かなと思うところもあって、答えが分かればすごく簡単に見えるし、ノウハウが分かればマネできるような気がするものかなと、そう思います。

だからこそ、つい「この手法をマネればうちの商品も…」とか思ってしまいがちなのですが、注意深くセミナーを受講した方なら、その罠にも気付いたはずです。

セミナー中にポッと出た一言に、広告する商品や事業が優れているほうがコピーを展開しやすい、みたいな一言がありました。

件のピラミッドは実は未完成品で、実のところはこういうことです。


f:id:halmali:20141021230338j:plain



つまり、事業を本当に成功させたいのであれば、まずは本業にもっとパワーを注ぎ込むべきということです。


お手軽にセミナーを受講すれば、魔法のように集客できるわけではないんです。


商品が素晴らしい前提で、それをどう広告するかという議論がはじめて成立します。


まぁ逆を言えば、商品や事業に既に自信がある方には、非常にお勧めのセミナーであるとも言えますね。

世の中にはありとあらゆるサービスが玉石混合で展開されているわけですから。

自身の素晴らしいサービスを、いかにして消費者に届けるかという、その最後の一歩的なところがおろそかになることで、金メダルが銀メダルに。銀メダルが銅メダルに。そして銅メダルが、、、と、まぁそういう事態も十分考えられます。

商品自体は十分に魅力的なのに、それがうまく伝わっていないわけですから。どんな風に伝えるかを学ぶことができれば、たちまちお客さんに支持される事業やサービスになることも考えられるわけです。



なーんて文章展開で、あーそれならやっぱり受講したほうがいいな。
とか思った人は本当、ダメです。
ダメダメです。

本当にダメなので、
ぜひこのセミナーを受講して、どんな風なテクニックで顧客を誘導するのかをしっかり学んでいただきたいと思います。

本当は、20万くらいしていたセミナーが、
いまなら何と4万円弱です。この機会にぜひどうぞ。