読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

社会に出てから一番役に立たない学校教育は、漢文と古文である。

考え方 考え方-人材


センター試験廃止へ 文科省、複数回の新テスト検討 :日本経済新聞


もう旬も過ぎちゃったかと思うんですが、しつこくテレビのニュースでネチネチやってたのを見かけたのでちょっとだけ。

センター試験を辞めよう、の背景には、
大学入試を変えよう。
学生の潜在能力を見よう。
企業に、グローバルに、必要とされる学生を育てよう。
という立派な志があるようです。

だったら、センター試験を廃止するよりもっと簡単な方法がありますよ。

センター試験も大学の個別試験も、すべて問題文と記述言語を英語化することです。あと漢文と古文を廃止しましょう。無駄です。

学校の勉強が社会に出て役にたつとかたたないとか、よく言われますが、数学とか社会、理科って少なからず、役に立つ場面ってあるんですよね。英語はいわずもがな、です。

ただ、漢文と古文は、クソの役にもたちません。

習得に英語と同じくらいの労力を要するにも関わらず、社会に出てから必要とされる場面が皆無です。

漢文やるくらいなら中国語を勉強したほうが、よほど役に立つんじゃないでしょうか。

グローバルに通用する学生が少ない云々という以前に、まず日本の大学生で英語がペラペラなヤツが何人おるんだと。全員が英語ペラペラだとしたら、海外の大学に進学する人ももっと増えるだろうし、海外の企業にヘッドハンティングされる人ももっと増えると思います。

日本人特有のメンタリティ云々と言い訳してても話にならなくって、原因の第一位は明らかに、英語が話せないことでしょう。これが現実です。日本人が格別に世界で劣ってるわけではなくて、単に言葉がまともに話せないから仕事になんないだけです。日本人はシャイ?嘘付けと。

言葉が話せないから、海外で無口になるだけです。本当にシャイなら、学生はあんなにたくさん合コンもしないし、サラリーマンが飲み屋で隣り合った人と意気投合もしないはずです。

以前も、未来世紀ジパング(テレ東の番組)かなんかを見ていたら、一流企業の人が海外で労働者を指揮してるわけですよ。その英語がね。もうカトコトもいいとこなんです。経済格差があるから、労働者も聞き苦しいのを我慢してフンフンと聞いてくれてますけど、これがアメリカだったらどうです?通用しないでしょう??

でも、その人が仕事人として劣ってるわけでは決してないんです。単に英語が上手じゃないだけなんですよ。

日本をグローバルにしたいなら、英語です。英語しかない。学力は世界の中で真ん中より上なんだから、英語がまともに話せればそれなりに人材は流動していくはずです。

あり おり はべり いまそかり。
とか暗記している余裕はないんです。

グローバルって、巨大な多数決です。
世界の中でマイナー(無価値)なものに、
時間を費やしている暇なんてありません。