読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

僕がブロガーのマネタイズを嫌うわけ。

サブカル サブカル-ブログ

最近ようやく、はてなPROにかかる月々の費用を、広告収入で多少なりともカバーできるようになってきました。

稼ぐために始めたブログではありませんし、とても少額にも関わらず、普段の仕事でお金をいただくことの何倍も喜びがあるのは不思議です。

 

「お金じゃないけど、お金が嬉しい。」のです。

 

でも、いま僕が嬉しいと思っている「お金」は付属的なものです。あくまで書いたものがたくさんの人に読まれて、結果、広告収入も増えた。だから嬉しいわけです。

 

でも、続けるうちにそれが変わってしまう人がいる気がします。

 

f:id:halmali:20150329223346j:plain

 

誰かを面白がらせたい。

書くのが好きだ。

自分の想いや考えを表現したい。

 

最初はお金以外のモチベーションで更新していたはずの人が、いつしか検索ワードを気にしたり、にわか仕込みの釣りっぽいタイトルを付けだしたり。

中には、これまで全然そんな話をしていなかったのに、急にクレジットカードのエントリーを上げる人もいたりして(広告料が高いと聞きます)。

 

ブロガーのマネタイズを嫌う人は一定数います。

僕もたぶんその一人です。

 

でもそれは、お金を儲けるのがけしからんと思うのではなく、お金によってブロガーの価値観が歪められているように感じるからです。

 

常に「ウケ」を狙ったものが更新欄に並ぶようになって、くだらないエントリーやニッチな話題がどんどん減っていく。

 

いい意味でのヘタさ、というのか。筋の悪さ、というのか。

その人らしさがどんどん消えていき、記事が洗練され、読みやすくなっていく。

話題のチョイスが、ヤフーニュースとかライブドアニュースに並んでいても違和感のないような一般的なものになっていく。

あるいは既存メディアや企業とコラボし始めてしまう。

 

僕は「ブログ」が「メディア」になっていくのを見るたびに寂しく思います。

 

メディアにない刺激を求めてブログを見ているのに、最近は、ブログを開いてもテレビ番組やビジネス書、グルメ雑誌みたいな内容が一段と増えてきたような気がしてなりません。