読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

殺人罪で逮捕。凶器はクチコミ。

考え方 考え方-生活

f:id:halmali:20150510003932j:plain

グーグルに口コミ削除命ずる仮処分 異議申し立てへ:朝日新聞デジタル

ネット上に書き込まれた、

とある診療所のクチコミが問題になっていました。

診療を受けたあとに具合が悪くなり、会社も辞めざるをえなくなった。

という書き込みです。

 

僕には、このクチコミの真偽はわかりません。

ですが、どこの誰だかもわからないような人の、

真偽も定かでないような、たった一件の「クチコミ」ですら、

いまや絶大なPR効果を持ってしまっていることに驚きです。

 

でも考えてみれば、

これって不思議なことでもなんでもないですね。

 

だって、いまどき利用しようとする診療所について

検索するのは、そんなに珍しいことじゃありません。

アクセスを確認するのにも検索は利用しますから。

そんなときに、件の書き込みを目にしてしまったとして、

診療所の利用をためらうのは、ごくごく普通の反応だと思います。

 

ちなみに、ふと思ったのですが、

仮に、クチコミで評判を落としたせいで

この診療所が潰れてしまったとして、

さらに悪いことに、失意の医院長が自殺してしまった場合には、

クチコミを書いた人は間接的に、

殺人を犯したことにはならないのでしょうか?

間接的に死に追いやるという点では、

いじめの構図と似ていると思いませんか?

 

と言ったものの、

まぁ法的には罪にならないんだろうなぁ。

 

でも、自殺までいってしまうかはさておき、

これと似たような話は、

実際あちこちで起こっているのではないでしょうか。

 

診療所とは違いますが、

オープンしたての飲食店が、食べログでぼろぼろに

書かれて集客できず、そのまま退店。

というパターンをよく見かけます。

 

食べログというのは、

僕に言わせればちょっと変なサイトで、

書き込む人は「自称グルメ」な方が多いのですが、

サイト上の情報を利用する大多数は「一般人」なんですよね。

 

だから、本当のところは、

食べログでマズイと書かれた店が、

自分の口に合うか合わないかというのは、

判断できないんじゃないかなと思うわけなんですが……

 

つい参考にしちゃいますよねぇ。

せっかくの外食で、失敗したくないですから。

 

ちなみに、クチコミを書いた人が殺人罪に問われたら、

クチコミを利用している僕は、殺人幇助になるんでしょうかね。

 

まぁ言っても、そんなことあり得ないわけですが。

 

ただ、サッカーボールが校舎の外に飛び出して……

なーんて事件の裁判、随分こじれましたよね。

 

ああいうのが裁判になるなら、

クチコミ絡みの裁判も、これからもっとエキサイトしても

おかしくないかもなぁ、と思ったのでした。