読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

採用コスト"ゼロ円"。ビズリーチの「スタンバイ」は、求職者にとってはメリットが薄いサービス。

考え方 考え方-人材

 求人広告を掲載 | 求人検索エンジン スタンバイ

 WBSでも取り上げられるなど、

ほどほどに、盛り上がった感のあった

ビズリーチの仕掛ける新しい求人サービス「スタンバイ」。

 

語られるのは、

掲載しても0円。

採用しても0円。

という企業側へのメリットばかり。

 

まずは掲載企業が増えねば話にならぬ。

 

という理屈は分かりますが、

現状ではあまりに求職者にメリットがなさすぎます。

むしろデメリットが目立つ。

 

 

1.企業の採用ハードルは上がる

無料だから気軽に掲載して気軽に採用しそうな気もしますが、考えようによっては、むしろ逆の可能性が高まります。

 

有料求人なら、費用をかけた手前、なんとしても元を取る(採用する)ことを考えますが、無料なら焦る必要はありません。120%納得できる人材が現れるまで、ダラダラ掲載し続けても痛くもかゆくもないわけです。

 

 

 

2.待遇もギリギリのラインを攻めてくる

これも同じ。

ますは低めに提示して、

ダメなら徐々に上げていくという戦法が容易にとれます。

常に一番、低水準の待遇をキープでき易いのです。

 

 

 

3.第三者のチェックが入らない、求人データの危うさ

求人会社は掲載企業に寄り添う一方で、

求職者を欺く表現を嫌います(際どい表現は多いですが)。

実際、企業側から「こう書いてくれ」と渡される文章には

とんでもないものが多々あるのが現状です。

 

求人媒体ごとに諸々の規定は異なるでしょうが、

各社とも最低限のモラルをもって、掲載しているはずです。

 

ただ、企業側が自由に広告を作れるスタンバイのサービスには、

ブラック企業の悪巧みに歯止めをかけるストッパーがありません。

好き放題の甘言で、求職者を欺くことができてしまうのです。

 

 

 

4.採用終了した求人が載せっぱなしになる可能性も

企業が好き勝手に掲載できて、掲載料もゼロ円なので、

ずっと載せっぱなしにしておく企業も現れそうです。

自社ホームページに掲載されている通年採用のような感覚で、

逸材から応募がきたときだけ応じますよ、

といった運用をする企業が増えれば、求職者にとってはマイナスです。

採用意欲の低い企業の求人は、

求職者にとってノイズになり得るからです。

  

 

企業登録できていないので、実際のところは分かりませんが、外から見ていて不安に思った点をざざっと書き起こしてみました。

 

たとえば競合のジョブセンスは入社お祝い金が出るなど、応募した人にもメリットが出るような仕組みを導入していたりします。

 

スタンバイの考えとしては、無料で採用⇒多くの企業が掲載する⇒求人数が増えればユーザーが増える、ということなのかもしれませんが、数が多いことは必ずしもプラスにはなりません。

 

既存の求人サービスにいま求められているのは誠実な求人情報だと思うので、掲載無料=無法地帯にするのではなく、無料だからこそ物申す、という毅然としたスタンスで運営していただけると嬉しいなぁと思います。