読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

身バレ対策のため、ブログで書いたことは、リアルから消去している。

考え方 考え方-生活

 匿名ブロガーの身バレについて。

こんな記事を見つけました。

そして読みました。

 

 

身バレって怖いですよね。うん。

業界批判をしていたりするので、

僕もバレたらお仕事がなくなることでしょう。

 

ですので、僕はブログで書いたことは

現実世界ではなかったこととして生活しています。

 

具体的にどういうことかと言うと、

僕は以前、DeNAの遺伝子検査「MY CODE」を受けましたが、この話は、リアルでは誰にもしていません。ブログに書いただけです。

 

英語を勉強していることも誰にも話していません。

見た作品についても、見た順番や時期をズラして話題にしたり、そもそも話題に出さないものを作るなどして、完全一致しないように気をつかっています。

 

仕事のノウハウ的なものや価値観、考え方についても、ブログに書いたのと同じ理屈は外に持ち出さないことにしています(というか元々、外で言えないからブログを書いてるんだけども)

 

本もそう。ここで紹介したやつは誰にも勧めていません。

読んだことも黙ってます。

 

ニュースサイトの記事も、ブクマしたものについては自分から話題にすることはありません。偶然、話題になったときも、全体のバランスを考えながら、あえて知らないフリをするときもあります。

 

文体もわざとぬるーい感じにしています。

くだけた口調にしています。

 

まぁたいしたPVじゃないので気を遣うことはないんですけどね。

でも検索するキーワードによっては、関係者がたどり着くことも全然ありえることなので、念には念を入れてこんな感じで対策しています。

 

ただ、このやり方には致命的な欠陥があるんですね。

 

それは何かといいますと、リアルの自分の存在がどんどん薄くなっていくんですね。

 

こっちに書いたことは、リアルで話題にできなくなってしまいますから。

困ったもんです。

 

ときどき実名でやっている方を羨ましく思うことがあります。フェイスブックと連動できたらなーとか思います。そうすりゃPVもモリモリ増えるでしょう。

 

本当はブログを通じて知り合った人と飲み会を開いたりとか、そういうのもやってみたい。仕事関係の人とは全然違う人種の人たちと話をしてみたい。でも、匿名ブロガーにはリスクが高すぎます。ジレンマです。

 

ブログを開設した当初は、匿名の自由に発言できる状況に満足していたのですが、いまは匿名ゆえの不自由さに、息苦しさを感じることも増えてきました。

 

たぶん今より自由にやるためには、もっとPVを増やして、そのスジからの仕事が消滅しても食っていけるだけの基盤を整えるしかないんでしょうねぇ……。

 

そんなわけで、まだ当分は匿名で頑張ります。