読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

ちょっとでもミスしたら怒られる会社と、ルーズにやっても許される会社がある。

考え方 考え方-仕事

DVDを買うことが多いので、ワーナーに会員登録しています。

 

DVDについてくるシリアルナンバーを入力してポイントを貯めるとノベルティがもらえる仕組みになっているんですな。

 

過去にも、ちょこちょこと景品をいただいたことがあります。

実にありがたいサービスです。

 

 

f:id:halmali:20150905135549p:plain

ワーナー・ブラザース公式サイト

 

 

で、このポイントサイトなんですがね。

最初は「7月中にリニューアル!」とか言ってたわけです。

 

それがふたを開けてみれば「8月オープン予定、お楽しみに!」

と変わっとるわけですよ。

 

なんだと。遅れとるやないかと。

 

しょうがないから、もうちょっと待ったるわい!

と思ってボーっとしてたら、8月も終わって、あれ9月?

 

8月のときは、すぐにコメントが差し替わったのに、今回はもはや遅れたことを隠すそぶりも一切なし。9月に入ってからも堂々と、「8月オープン予定、お楽しみに!」のままサイトを放置する堕落ぶりです。

 

いつまで待たせんねん、こら。

いい加減にせんかい!

 

知らんけど、ワーナーってまぁまぁでかい会社でしょ。映画館いったらバックスバニーが出てくるやつ、あれ全部ワーナーの映画館じゃないですか。ほら、でかい。でかい会社ですよ。

 

でも、会員サイトはこんなにルーズなんですよ。しかもね。会員サイトが遅れている間も、新作DVDが発売!先行予約が!とかなんとかメルマガはバンバン送ってきよるんですよ。彼らは。メルマガ送る暇はあるんです。

 

もうこんなんね、大失態ですよ。大クレームもんの不手際ですよ。

 

みんなが大好きなマクドナルドやユニクロが同じことやったら大炎上してるでしょ。すき家でもしてると思う。

 

でも、なんだろうなぁ。

 

こんだけ書き殴るパワーはあっても、僕はワーナーにクレームのメールも送らんし、電話も一切かけることもしてません。

 

ボーっと口を開けてサイトが再開されるのを待っておるわけです。ボーっと。

 

なぜかと考えたところ、たぶん僕はワーナーちゃんのことが何となく好きなんだろなと。何となく好きな会社だから、そんな会社にクレームを言って嫌な顔されたくないんだろうな。嫌われたくないんです。

 

たぶんアップルの製品が好きな人にも、そんな人多いんじゃないですかね。まぁマックブックが不良品だったとかなら、高い商品ですからさすがにクレームは入れると思いますけど、それでも穏便にいくと思うんですよね。

 

買ったばかりなのに動かないんです。これって初期不良じゃないでしょーか、と。

 

おまえの会社は不良品売る詐欺会社かー!なんて、いきなり怒りMAXでクレーム入れる人はいないだろうと思うんです。

 

世の中にはいろんな会社があって色んなサービスを展開しているけれど、嫌われ者の会社に対する世間の反応は、こんなにも冷たく厳しいのかと思うとゾッとします。

 

一方で、好かれている企業は、そこまで神経質にパーフェクトなサービスをしなくても、ユーザーが許してくれるのだから、救われています。

 

僕がいまワーナーに対して思っているのは、

「リニューアルが少々遅れるのはいいから、ええ感じのサイトにしてや!」

ってことだけです。 

 

思えば僕がやっている広告の仕事も、似たようなとこがあるんじゃないかなと思い始めました。関係性のよくないお客様は、納期にも厳しいし誤字とかにも厳しくて、ちょっとでも間違っていると、猛烈に怒りだします(まぁ間違えるほうが悪いんですけどね)。

 

一方で関係の良いお客様だと、任せるからいい感じにしてくれやー、ってなります。細かいことをグチグチ言いません。

 

ブラック企業がどうのこうのと言われてますけど、「完璧」にしなければいけないがゆえに発生してしまう、完璧に完璧をきするためにかかる過剰なコストが、ブラックな労働環境を生み出している気もします。

 

愛される企業は、伸び伸びとステキなサービスを作ることに精力を注ぐことができ、嫌われ者の企業は、とにかく粗相のないようにすることばかりに精力を注ぎます。

 

両者の経営がどうなるか。働く人の幸せはどうなるのか。

言うまでもありません。

 

でも、さすがに9月中にはリニューアルするよね??