読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

自分にとって有益な情報なら、それは広告ではなくニュースになる。

考え方 考え方-広告

 

 

広告を嫌う人っておそらく2種類いて、

 

⇒鬱陶しい

⇒嫌儲

 

だいたい、このどちらかだと思うんですよね。

 

嫌儲の人は知らないけど、鬱陶しい派の人にはWEB広告の配信精度が高まることで、その鬱陶しさが多少なりとも緩和されると思うのですよ。

 

と、そんなことを思ったのは、ニュースサイトを見ていたときのこと。

 

ドミノピザの広告が出てたんですよね。

30周年感謝祭でLサイズピザが50%オフだと。

 

f:id:halmali:20150920200253j:plain

 ※単なる画像。リンクじゃないYO。

 

ふっつーに、クリックしましたね。

広告だろうが知ったこっちゃありません。

だって知りたい情報だったから。

 

休日にピザが半額で頼める。いいじゃないですか。デリバリーのピザを定期的に注文する人間にとっては、とっても有益な情報です。

 

もっと言えば、(自分にとって)くだらない本物のニュース記事よりも、ドミノピザの広告のほうが、そのときの僕にとってはよほど有益で知りたい情報なんですよねー。

 

そう情報。

広告じゃなくって、情報。

僕にとってピザ半額は、立派なニュースなんです。

 

自分にとってプラスになる広告は、広告じゃなくてニュースだと受け取れます。

一方で、自分に関係ないと感じた広告だけが、広告として受け取られてしまうわけです。

あー広告か。ステマか、と。

 

キャッチコピーのお作法にも、ニュース性のあるキャッチコピーは強いという考え方があったりしますが、まさにそういうことですね。ニュースだ(自分に関係ある情報だ)と感じてもらうことで、広告は消費者に受け入れてもらえます。

  

広告は一方的に言いたいことを言うだけでも、心理テクニックでクリックを促すだけでも役割を果たせません。その情報を必要と感じてもらわなくては、最終的に意味を成しません。

 

今回のiOSの一件は、ブラウザに広告をブロックする機能が付与された。つまり広告はユーザーにとって邪魔なものだと判断されたと言うことです。

 

個人的には、広告配信の精度がもう少しマシになるだけでも、ずいぶんユーザーの受け取り方は変わると思うんですけどねぇ。

 

自分にとって有益な情報なら、たとえ広告であっても人は進んでそれを見ます。必ず。

 

だって、僕が作っている求人広告がまさしく、そうですから。

こんなに自発的に見にきてもらえる広告は他にありません。

 

求人広告は、なぜ一生懸命見てもらえるのでしょう。

 

みんなが必要に感じている「求人情報」が手に入るからです。

 

ただまぁ、あまりに広告という感覚が薄れすぎて、求人“広告”だってことを忘れた人たちが、「だまされた!!」と、怒ってたりもしますが…。

 

リンスとか化粧品のCMには、「あんな風にならない!!」って言わないのになぁ