読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

「月曜から夜ふかし」がステマだった件。

サブカル サブカル-テレビ

みなさんは「月曜から夜ふかし」というテレビ番組をご存知だろうか。

 

知らない方のために説明すると、「月曜から夜ふかし」は、マツコ・デラックスとセキジャ二の村上信五が司会を務める、世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする、日テレの人気番組である。

 

月曜から夜ふかし|日本テレビ

 

この番組がブームの火付け役となって、他の番組やメディアに影響を与えた事例は、株主優待で生活する「桐谷さん」や埼玉のラッパー「イルマニア」など数多い。

 

ぼくも何を隠そう、桐谷さんに憧れてちょっとだけ株を買ってしまった。ラップはやらなかったが。あと、個人的にパリピ(パーティーピープル)という言葉を初めて聞いたのも、この番組だった。

 

だが、今、この「月曜から夜ふかし」に、ひとつの疑惑が生じている。

 

ステマ

 

である。

 

事件は11月2日(月)の放送でのこと、

 

人気コーナーである「視聴者の依頼にこたえてみた件」のコーナーで起こった。

 

番組ではすっかりお馴染みとなった埼玉に関する話題で、なんと、埼玉を強烈にディスっている、ありえない漫画があるというのである。

 

その名も、

 

翔んで埼玉

 

少女漫画「パタリロ!」の作者、魔夜峰央先生が1986年(古っ!)に描いたとされる漫画だそうで、

 

作中のセリフでは「生まれも育ちも埼玉だなんて おお おぞましい」といった、埼玉ディスリが激しく飛び交う、なんとも、おお、おぞましい内容の漫画なのである。

 

f:id:halmali:20151107081208j:plain

 

ここまでは良かった。

いつもの楽しい月曜から夜ふかしである。

 

しかし、ぼくがいけなかったのは、「翔んで埼玉」に興味を持ちすぎてしまったことだった。

 

こともあろうか、Amazonで検索してしまったのである。翔んで埼玉を。

 

すると、なんということでしょう。

 

中古品がマーケットプレイスで買えるのかと思いきや、復刻版が12月17日に発売されるとあるじゃありませんか。しかも予約受付中ですと。

 

おお、おぞましい。

 

これは俗に言う「ステマ」ではないのか。

 

証拠はこちら。ぜひご覧いただきたい。

 

このマンガがすごい! Comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS) | 魔夜 峰央 | 本 | Amazon.co.jp

 

いつもはAmazonアフィリエイトだが、今日はみなさんに見ていただきたいので、単なるリンクでお送りさせていただく。

 

ちなみに、この件の依頼をした視聴者は「福岡県のジロウさん」らしい。

 

さて、

 

これで次回の「視聴者の依頼にこたえてみた件」のネタは、完全に決まりましたな。

 

福岡県の視聴者「ジロウさん」は実在するのか問題

 

これしかないでしょう。

 

ジロウさんは、テレビ局スタッフなのか、スタッフの関係者なのか、それとも漫画の作者本人なのか。あるいは中西ディレクターの仕込みなのか。
 

次回の「月曜から夜ふかし」からも、目が離せない。

<スポンサーリンク>