読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

コスパ最高のクラフトビールが届く!「よなよなエール年間契約」について語る。

日常 日常-ネタ

日本酒にハマり、

ワインを語り、

焼酎を嗜み、

泡盛に惚れ、

そしてクラフトビールへ ←いまココ

 

ぼくの中では今、クラフトビール熱が、比較的長続きしております。

お店に入って、クラフトビールが置いてあると俄然、テンションがあがりますね。たまにレストランで、クラフトビール込みの飲み放題プランがありますけど、いつかいってみたいですねー。救急車で運ばれるくらい、ガブガブと飲んでみたいもんです。

 

とまぁ、死ぬほどクラフトビールが大好きで、けっこうな頻度で飲んでいます。

 

ただ、そんな激うまクラフトビールには、致命的な弱点があるんですね。

 

それは

値段が超高いこと。

 

比較的安い銘柄でも、平気で1缶350円くらいするんです。

(プレミアムモルツ1缶が、ネットの底値で200円くらい)

 

うまい!

高い!!

だが、うまい!!!

しかし、高い!!!!

 

という飲酒人のジレンマからぼくを解放してくれたのが、

よなよなエールの年間契約でした。

f:id:halmali:20151120004249j:plain

最近はスーパーでも売ってたりするので、

このビール、見たことある方は多いと思います。

 

この「よなよなエール」の販売元が実施している、年間契約というのが、実はあるんですね。

 

これ、ビールが好きな人は思い切って契約しちゃったほうが、

200%お得だと思います。

 

「月々1ケース(24缶)」or「2ケース(48缶)」or「隔月で1ケース」

の3パターンからコースが選べて、

 

1ケース×12ヶ月で7万4000円

=1月あたり約6166円

1缶あたり約257円

 

と、限りなく、ふつうのビールに近い価格で、

クラフトビールが堪能できるのです。

 

まぁこれだけなら、近所のスーパーでも、最近は取り扱う店も増えてきているので、わざわざ年間契約しなくても…、と思うのですが、年間契約すると毎月24缶を好きな銘柄の組み合わせで送ってもらえちゃうんですよね。

 

定番の5つの銘柄、

よなよなエール

水曜日のネコ

東京ブラック

インドの青鬼

サンサンオーガニックビール

f:id:halmali:20151120005347j:plain

この5種類に加えて、

さらに季節ごとの限定ビール数種(1~2種類くらい?)のラインナップの中から、好きな組み合わせでビールを配送してもらえます。

 

限定ビールなんて、単品で買えば1本350円くらいしちゃうので、それが257円で手に入ると思えば、めちゃめちゃお得だなと。

 

ちょっとセコイですが、ぼくは限定ビールばっかり選んじゃってますね。通常のラインナップのビールは、飲みたければその辺の店でも買えますので。

 

あと、ぼくはあまり恩恵を受けていませんが、年間契約には、おまけの特典があります。

 

1.追加購入時は常時8%オフで購入可能

2.限定ビール等、商品の先行案内を受けられる

3.よなよな主催のビールイベントへの優先参加OK

4.醸造所見学ツアーに無料で参加OK

5.よなよなが経営するビアレストランで10%オフ

 

お酒やビール工場の見学には行ったこともあるので、醸造所にはいつか行ってみたい気はするんですけどねー(長野県、遠いっす)。

 

ただ、この特典は嬉しかった。

 

6.契約者のアンケートを元に醸造したオリジナルビールが届く

 

まだ届いてなくて、飲めるのは来年なんですけどね。これは楽しみです。ビール好きたちの好みに合わせて造るだけに、かなりエッジの効いたクラフトビールに仕上がりそうで、いまからワクワクしています。

 

 

とまぁ、ビール消費量の多い方なら、とってもお得な「よなよなエール年間契約」についてのお話でした。

 

あと、これは実際に利用し始めた後に実感している利点ですが、1ヶ月に24缶という定量で送ってもらえるのは、酒量を把握しやすくてありがたいな、と。スーパーで飲みたいときに買うスタイルだと、1ヶ月の酒量を把握するのが難しいですからね。

 

加齢により酒量が落ちてきていることもあり、発泡酒をガブガブというよりは、クラフトビールを1缶だけという、いまの飲酒スタイルが個人的に定着しつつあります。

 

※お酒は20歳になって、自分で稼ぐようになってから

 

 【こんな記事もあります】