読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

飲み会が嫌いな人、苦手な人向け記事まとめ(13本)。

考え方 考え方-生活

飲み会嫌いに送る、飲み会記事

 

飲み会が嫌いで嫌いでしょうがない人、飲み会で話すのが苦手な人。

案外多いと思います。

 

そんな飲み会が嫌いな方に向けて書いた記事がたまってきたので、1本にまとめたものを作っておきます。

 

飲み会で上手に話すための作法。

飲み会で話すときの話題選びとか、心構えとか、そんなものについて語っています。あまり意識しすぎると窮屈になりますが、話すのが苦手な方にとってはお守り代わりになるかと。ただまぁ、飲み会が嫌いな方は、こういう気遣いをしながら話すのも「嫌い」なのでしょうね。

 

 

話のヘタなやつほど、飯のウマい店に行け。

これはもうタイトルまんまですね。話がメインディッシュの安居酒屋にいくより、料理がイケてる店にいって、会話の重要度を下げたほうが話しやすいですよー、ってな話をしています。食べるのは好きだけど、話が苦手なせいで飲み会が嫌いになっている方にはおすすめの戦法だと思います。

 

 

飲み会で上手に話せない原因は、飲み会以前にある。

飲み会が嫌いだったり、飲み会で話すのを苦手に感じてしまう原因は、話下手だからではなく、そもそも飲み会の前段階でつまづいているせいじゃないだろうか、という観点から話を展開しています。個人的には、これが真理に近いのかなと。

 

 

飲み会は、席順が9割。

飲み会でのトーク内容ではなく、そこから一歩引いて席順に着目した記事。どんな席配置になるかで、話しやすい、話しにくいが決まってしまうのではないか。じゃあどう立ち回れば、ベストポジションを死守できるだろうか、というお話です。

 

 

飲み会で、話す話題がなくて困る人たちに共通すること。

これはもはや、話す内容や席順といった場当たり的なものではありません。飲み会よりも遥か以前のお話。体質改善から始めませんか、という世界に突入しています。 飲み会で話せない人は、コミュ力以前にそもそも話す話題に乏しいのではないか、という主張です。 

 

 

女子会すると結婚できなくなる、根本的な理由。

飲み会じゃなく女子会(アルコールあり)の話。この記事、飲み会好きをある意味でディスっている記事でもあります。飲み会で安易にストレス発散することで、成長のバネを失ってしまっているんじゃないかという想像。そして、男子が幼稚で女子が大人だったバランスが、女子会の登場により崩れつつあるのではないかという妄想。何か裏付けがあるわけじゃないけれど、けっこう当たっていると思うんですよね。この構図。


 

会社の飲み会が苦手なひとは、年配者や上司のいるテーブルに座ろう。マジでメリットしかないから。

これまでの記事に比べると、異色といいますか。奇策ですね。「飲み会=同僚と飲むもの」という、そもそものゲームのルール自体を変えてしまおうぜ、という試み。上司のテーブルに座れば、気は遣いますが、その代わり、ぼっちになって気まずくなるようなこともないのです。 

 

 

大人数の飲み会が苦手なひとは、案外多いのかもしれない。

一歩踏み込んだ内容ですね。 歩み寄ったというべきか。飲み会が苦手な人にとって天敵である、ウェーイなノリの人たちも、実はみんながみんな飲んで騒ぐのが大好きとは限らないんじゃないか、というお話です。大人数の飲み会が嫌いな人って、意外と多いんです。

 

 

飲み放題をやる店は、国に医療費のムダ使いをさせている。

コミュニケーションとは違う観点のお話。飲み会で定番の飲み放題について言及しています。飲み放題になることで、過剰なアルコール摂取が促進されて、健康被害が拡大しているのではないかといったお話です。しかしこれ。飲み過ぎてベロベロでどんちゃん騒ぎになることまで想像すると、飲み放題って、やっぱり騒がしい飲み会が苦手な人にとってのネガティブな要素になりえるんですよね。


 

飲み会の幹事を新人に任せると、社会の迷惑になる。

飲み会の幹事について。飲み会の場自体が嫌いだという人も多いですが、幹事というシステムを大嫌いな人も多いですよね。ここでは飲み会の幹事を新人に任せることがいかに非効率で社会の迷惑になっているかについて書きました。 

 

 

飲み会の帰りに「飲み会 話せない」と検索する人がけっこう多い事実。

当ブログには、飲み会嫌いの方からの検索流入がとても多いです。飲み会の帰りに自己嫌悪に陥る人はやはり多いようで、飲み会が苦手な少数民族たちの生き辛さを感じずにはいられません。でも、同時刻に同じ検索キーワードで同じ記事を読んでいる人が、日本のどこかにいるとしたらどうでしょう。少しは勇気づけられるんじゃないでしょうか。 

 

 

知ってるかい、カラオケって歌いに行く場所じゃないんだぜ。

飲み会の2次会や3次回の定番といえばこれ。カラオケです。しかし、ひとくちに「カラオケ」と言っても、その場に集まったメンツの年齢や属性によってはカラオケに対する認識が180度違ってしまうため、注意が必要です。酒を飲みながらのんびり歌う…かと思いきや、クラブやライブハウスのごとく踊り狂う人たちも世の中にはたくさんいるのです。


 

飲み会の苦手意識を克服する日まで。

これから飲み会系の記事を書いたときには、このページにどんどん紐づけていこうと思います。さすがにネタ切れぎみなので、飲みにいったときに何かひらめけば書くという感じになりそうです。

 

コミュ力の問題にかぎらず、アルコールの過剰摂取など気になることはいろいろあるので、これからもちょくちょく更新を続けていきたいと思います。

 

それでは、また会う日まで(´・ω・`)ノc口

 

飲みの席には這ってでも行け! 人づき合いが苦手な人のための「コミュ力」の身につけ方

飲みの席には這ってでも行け! 人づき合いが苦手な人のための「コミュ力」の身につけ方

  • 作者: 堀田秀吾
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2014/04/01