読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

「翔んで埼玉」の感想。まさか百美ちゃんが○○娘だったとは…。

レビュー レビュー-書評

翔んで埼玉

 

翔んで埼玉。

買いました。

読みました。

 

で、感想です。

 

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

の迷ゼリフも、物語がはじまった直後にさっそく登場!キター!!

 

テレビ(月曜から夜ふかし)で紹介されていた埼玉ディスリ場面の数々はバッチリ健在で、テレビで見たシーンが出てくるたびに、おーこれか!とニヤニヤしてしまいました。

 

というより、テレビで紹介されていたのなんて、ほんの一部ですね。

 

全編にわたってあますところなく、埼玉ディスリ一色に染められたお話。期待を裏切らない面白さです。

 

この場面はテレビに出ていたか記憶が定かではありませんが、街の食堂もこの通り。

埼玉県民用メニュー

 

埼玉県民用

・残飯定食

・サンマの骨定食

・下水ライス

・犬のよだれご飯

・雑草まぜご飯

・どぶ板定食

・ネズミカツ

・猫の死骸焼き

 

もうね。ひどすぎw

かろうじて、雑草まぜご飯くらいは食えそうwww

 

とまぁ、埼玉ディスリについては、読み始めて早々に期待通り、むしろ期待以上だと感じたのですが、もっと驚いたのはこの事実。

 

百美

 

えっ(´・ω・`)

百美ちゃんて、男の娘だったの??(汗)

 

テレビの紹介ではその辺の補足説明がなかったので、ふつうに男女の話だと思ってました…。帯にガッツリ「埼玉版ロミオとジュリエット」とか書いてあるし。

 

と、ぼくにとっては衝撃の事実を受け入れつつ読み進めること十数分。

 

読了。

 

いやぁ面白かった。

 

で、読み終わって、ふと気がついたのですが、

後半は、埼玉のことなんてどうでも良くなってましたね。

 

最初は埼玉ディスリが登場するたびに、一言一句を噛みしめながら読んでいたのですが、中盤以降は完全に、埼玉がそういう存在だと、受け入れてしまっていたようです。

 

すっかりマンガの世界観を受け入れたぼくは、埼玉ディスリそっちのけで、百美と麗、2人の物語の行方を全力で追いかけてしまっていたのでした。

 

ただまぁこの漫画。キリの良いところまでは描かれているものの、完結はしておりません。

 

まだまだ続きがありそうなところで終わっているので、魔夜峰央先生には横浜から埼玉に移住いただいて、続きをぜひ描いていただきたいものです。

 

ちなみに、この本。

「翔んで埼玉」のページは全体の半分強くらいで、別の話も2つほど入っていました。

 

茨城が東京より都会

画像はそのうちの1つで「時の流れに」というタイトルの作品です。

「茨城の方が東京より都会」という舞台設定w

 

まぁでも、一番面白かったのは、やっぱり翔んで埼玉でしたね。

半分ネタで買ったつもりが、予想に反してかなり楽しめました。

 

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)