読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

神様は知ってるのかね。「ブログ飯」って言葉。

サブカル サブカル-ブログ

今週のお題「年末年始の風景」

f:id:halmali:20160101130806j:plain

 

明けましておめでとうございます。

ぐだぐだ飲み歩いたあげく、半死半生の状態で初詣に行ってまいりました。

場所は秘密。

 

で、神様にお願いをしてきました。

 

何をお願いしたかと言いますと、

 

ブログ飯できますよーに。

 

ってことです。

 

神様は驚いたでしょうね。

ブログ飯って何やと。

 

こんなお願いするヤツ今までおらんかったけど、ここ数年でめっちゃ増えたやんかと。

 

「受験に受かりますように」とか、「就職できますように」というお願いは、神様の側にもノウハウが貯まってますから、まぁ叶えるのはそんなに難しくないでしょうが、「ブログで稼げますように」ってのはない。ないわ。うん。

 

というわけなので、お願いはしましたが、神様にはとくに期待していません(当たり前だ)。2016年も、目標に向かってコツコツと頑張らせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

 

ブログを自己のセーフティネットにしておきたい

ま、ブログ飯と言っても、すごいPVを稼いでどうとか、月数十万のマネタイズとかそういうのじゃありません。

 

黄金伝説というテレビ番組で、1ヶ月1万円生活ってあるじゃないですか。

つまりそういうことです。

 

ブログで月1万円稼ぐ。

これが今年の目標。

 

仮に何らかの事情で仕事がなくなっても、実家に引きこもって倹約すれば、月1万円で「食う」ことはできます。そんな簡易セーフティネットのようなものを、ブログを運営することで準備しておきたいと考えています。

 

プロブロガーの方には理解されない考え方でしょうが、ぼくは結構、働くのが好きです。働くのが好きな部類の人間だと思っています。だから、ブログだけで生きていくなんてことは考えられません。

 

ブログで得られる楽しさと仕事で得られる楽しさは別物ですからね。これからも何らかの形でお仕事は続けていきます。

 

日常のなかで得られる、小さな気付きを大切にしたい

ブログ開設から3年目に入りました。

ブログはぼくにとって、書くことのラジオ体操。

ノーリスクで入れる保険。

失敗し放題の実験室でもあります。

 

ぼくは、これと言って専門的なことは書けませんし、図解もできません。グラフも出せません。地方移住の魅力も語れません。プライベートをネタにすることもできません。

 

だからこれまで「視点の提供」を意識してブログを更新し続けてきました。常識とされていることを、ちょっと違う角度から考えてみる。あえて否定してみる。逆に肯定してみる。

 

このブログで何かの答えを示すというより、考え始めるキッカケになるような記事を書いていけたら良いと思い更新を続けてきました。

 

ブログに書いたこと=必ずしも、ぼくの本心ではない 

実は、ブログに書いたすべてが、ぼくの本心というわけではありません。

 

こんな意見があったら、みんなはどう考えるだろう。そんな風に考えて、自分とは真逆の意見を、あえて世の中に投げかけてみることもあります。あえて極端な物言いをすることもあります。

 

あ、いちおう念のために断っておきますが、商品の感想とか本、映画の感想については、そんなめんどくさいことしませんよ(笑)

 

紹介するものについて好意的な感想がほとんどなのは、褒めたいものについてしか書いてないからです。だいたい、批判してる商品のAmazonリンク貼るとか、それ何の冗談だよって話ですからね。

 

 

最近やっと、読者が50人を越えました。

ありがたい。

検索含め、1日に数百人の来訪があります。

 

自力でコンテンツを作って、自力で集客も考える作業がとても楽しいです。

 

仕事で文章を書いていると、ときおり書くことそのものを楽しむ気持ちを忘れかけることがあるので、書く楽しさを思い出させてくれるブログは、ぼくにとって貴重な存在です。

 

なにはともあれ、2016年もよろしくお付き合いください。