読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

リクナビ2017のテレビCMに隠された、就活生へのメッセージが胸熱。

考え方 考え方-広告

なんか久々にリクルートがいいこと言ってくれた気がする。

個人的にうれしい。

 

何かっていうと、リクナビ2017のテレビCMだ。

 

 

CMには、21歳の女優「川口春奈さん」が就活生に扮して登場。

BGMにはブラスバンドが演奏するSEKAI NO OWARIの「RPG」が流れる。

 

そしてCMのキャッチコピーは、

 

リクナビ2017 テレビCM

ひとりじゃない。

RPGの歌詞の中にも、「僕らはもう一人じゃない」というフレーズが登場する。SEKAI NO OWARIが若い子に人気であることもあるけれど、「ひとりじゃない。」というフレーズが合致したことも、RPGが選ばれた理由だろうな。

 

でも、改めてRPGの歌詞を読んで、偶然なのか奇跡なのか、その歌詞があまりにも就活生に向けたエールすぎることに驚いた。

 

この日のために作られた曲なのではないかと錯覚するほどに、就活生にピッタリなメッセージが歌詞には込められている。

 

歌詞の一節にこんなのがある。

 

「方法」という悪魔に憑りつかれないで
「目的」という大事なものを思い出して

 

そして、こんなフレーズも。

 

「世間」という悪魔に惑わされないで
自分だけが決めた「答」を思い出して

 

むぅ…。

と思わず唸らされた。

 

ひとたび就活がスタートすると、世間には、内定取得に関わる方法論が飛び交う。面接を小手先のテクニックの披露宴と錯覚してしまう学生が、毎年続出する。それを先導する詐欺師のような大人がいる。食い物にする企業がある。

 

リクナビは、そんな就活生たちに「目的」という大事なものを思い出して、と言っている。リクナビなんて所詮ツールだ。君たちはツールを活用して、自分たちの目的、すてきな企業との出会いに一生懸命になればいいと。

 

大手企業だ、商社だ、銀行だ、メーカーだ。ブラック企業は避けろ。周囲の大人がいろんな価値観を押し付けてくる。周りのライバルたちの動向に一喜一憂する。メディアも就活を煽る。当事者不在で無責任な論が展開される。

 

自分は何に興味があるのか。

自分はどんな大人になりたいのか。

自分は社会に出て何をしたいのか。

自分はどんな人生を歩みたいのか。

 

世間の評価はどうでもいい。

就活の答えは誰かに教えてもらうものじゃない。

ましてや他人に決められるものでもない。

 

自分だけが決めた「答」を思い出して、進め。

 

でも、自分で決めて決断するのは、辛い。

周囲の言葉を跳ね除けて、自分の信じる道を行くのは、勇気がいる。

 

社会に向かって一歩踏み出さんとする就活生にとって、

就職活動は、ときに孤独だ。 

 

だからこそ、リクナビは就活生たちにエールを送る。

 

ひとりじゃない。

 

と。

 

 

ちょっとリクルートの肩を持ちすぎだろうか。

 

でも、ぼくは、2017年度のリクナビキャンペーンは、リクルートの良い意味で青臭い、とっても良いところが現れたキャンペーンだと思った。

 

ナビサイト自体の是非は、実際にサイトを利用した就活生が決めればいいと思う。

 

とっても間接的ではあるけれど、就活に仕事で関わる人間の一人として、就活生のみなさんが、出逢えて本当によかったと思える、すてきな一社に巡り合えることを願います。