読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

一部のフリーランスの人たちは、正社員とか専業主婦を神格化しすぎ。

考え方 考え方-仕事

f:id:halmali:20160331002355j:plain

 

「リスクをとらない人の文章はつまらない」の件です。

 

 

この話題、ぼくがリスクをとらずに真面目に労働にいそしんでいる間に、ネット界ではあっという間に語りつくされてしまった感がありますね。

 

渦中にいるのは、北条かやさん。

個人的にすごい好きです。蹴られたいです。

 

で、好きだから余計なことを書いてしまうのだけど、この方に限らずフリーランスのひとたちは、フリーランスの対極にある正社員とか専業主夫を神格化しすぎてやいませんか(この件に関して、いくつかフリーランスの人の意見を読みました)。

 

なぜ、こんな話をするかと言うと、北条さんがこんな風に言っているから。

 

一方で、フリーランスでも、安定した旦那と結婚してるとか、誰かに養ってもらってるから、フリーランス名乗ってるけど生活かかってません、みたいな人もいる。お小遣い稼ぎっていうか、恋愛ライターになるのが夢です!みたいなひと。そういう人の文章には、面白味はあっても切実さがない。

 

つまり、

「べつに売れなくても生きてける=リスクをとってない」

「ライターとして売れなきゃ生活できない=リスクをとっている」

というわけですな。

 

ぼくのようなリーマンブロガーは、鳴かず飛ばずでも生活に困ることはありません。だからリスクをとってないと。

 

いやいや、それはどうかな。

 

いまの時代、サラリーマンほど不安定な仕事はないですよ。

 

PソナとかTンプスタッフとかのニュース見たでしょう。大手人材会社が、企業に首切りをアドバイス・サポートしていたらしいじゃないですか。

 

ぼくらはサービス残業で過労死ラインを死守しながら、毎日必死で仕えているのに、歳をとったらポイされるかもしれないんです。

 

しかも会社に仕えるために頑張れば頑張るほど、外の世界で役立つスキルからは遠ざかります。その会社でしか役にたたない限定的なスキルばかりが身につき、その状況に縛られていく。

 

変化の速い現代においては、自分の成長を自分でコントロールできない正社員ほど不安定でリスクのある働き方はありませんよ。

 

自分の状況がジリ貧であることがわかっていながら、僅かばかりの安定収入を手放せず、こうしてブログも匿名で書くことしかできない。副業も禁止されています。

 

いやー、リスクしかない。

 

サラリーマンは束の間の安定と引き換えに、将来に対してものすごく大きなリスクを背負っています。

 

専業主婦だって、こんなリスクだらけの正社員の収入を頼りに生活していたら、表向きは超安定しているようでも、実はリスク満載の生活なのです。

 

会社に依存し、危険を冒して安定収入を得ているサラリーマンのぼくからすれば、成長やキャリアを自分でコントロールできるフリーランスという働き方のほうが、よほどノーリスクな生き方に思えます。

 

投資の格言で「卵をひとつのカゴに盛るな」という言葉がありますけども、サラリーマンという生き方は、まさにこれに当てはまります。自分の仕事もプライベートも思想信条も、すべてをひとつの会社に預けてしまうわけですから。

 

リスクはとても大きい。

しかし、うまくいけば老後まで一生の安定が得られます。

 

何をもって『リスク』とするかの見解の相違ですね。