読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

PCデポの求人広告について思うことと、どこまでが商売でどこからが詐欺なのかという疑問。

考え方 考え方-仕事 考え方-広告

f:id:halmali:20160905011755j:plain

 

お客様に対する不誠実な販売姿勢が問題となっているPCデポ。

その新卒求人広告に、問題となっている事実とは真逆のことが書いてあって複雑な気分になった。

 

「販売してからもしっかり責任もちます」

「お客様から信頼される誠実な人」

「お客様の立場にたったサービス」

 

人材業界にいる人間としては、あぁ…という感じ。

広告の制作者はいまごろ顔真っ赤になってるだろうね。完全に踊らされたというか。自分が世間知らずのおバカさんだったかのような屈辱を味わっているのではないだろうか。

もしくは、「バレたかぁ(笑)」って感じかな。

 

人事担当者にどこまで現場の実態が見えていたのか。隠していたのか。広告制作サイドは気づいていなかったのか。知らないフリをしたのか。

 

今回のケースにはいくつかの可能性がある。

 

人事担当者が裸の王様であったパターン

人事担当者は会社にもよるが、他社の人事担当者が引き抜かれてくる場合も多い。現場経験がないことも十分に考えられる。

人事担当者が理想論を広告担当者に吹き込み、それを真に受けた制作者がそのまま広告にしてしまった可能性は十分に考えられる。

 

人事担当者が実態を隠していたパターン

人事担当者は現場が穢れていることを承知していたが、そのことを隠して広告を発注していた可能性がある。

立場上、思うところがあっても改善はできないし、広告屋に対して自社の恥部をさらけ出すこともできない。

制作サイドは受け取った情報をそのまま掲載しただけである。

書き手にとって、美辞麗句をそのまま文章にするほど退屈な仕事はないが、まぁ制作者も生身の人間だから仕方ない。仕事は大事なのだ。

 

人事担当者は実態を隠していたが、制作サイドは事実に気が付いていたパターン

黒に近いグレーだが、お客様であるので深くは突っ込まないスタンスで取材した可能性もある。

お互いに表面上の余所行きの顔を確認しあって、きれいな広告を準備したのだ。

 

個人的には、今回のケースはこのパターンだろうと踏んでいる。

クライアントの評判をネットでリサーチすることは基本中の基本なので、制作者は良くない評判の1つや2つはインプットした状態でヒアリングに赴いただろう。

 

だが、「御社は強引な営業手法で業績を伸ばされてますね」とは聞けない。せいぜい「右肩上がりに業績を伸ばされていますが、何か要因はあるのですか」といった問いかけが限界だろう。

 

すると当然のことながら、「お客様のニーズに対して真摯にお応えしてきた結果です」といったような、教科書通りの答えが返ってくる。それを実現するための、特別な社内の取り組みの例を聞くこともできると思う。

 

それだけ拾えれば、広告をつくるには十分な情報量だ。ジャーナリスではないのだから、危険を冒して真実に迫る必要はない。こちらも教科書通りのきれいな広告を作って、お客様に提出するのみである。

かくして嘘で塗り固められた、美しすぎる新卒求人広告がリリースされる。

 

従業員ではなく顧客を裏切る、新しいタイプのブラック企業

昔から悪事を働く会社は世の中にたくさんあったけれど、上場企業がこれほど組織だって悪のオペレーションをしていた例は記憶にない。

 

自殺者がでたワタミやワンオペが問題視されたすき家など、サービスの質と引き換えに従業員に過酷な労働を強いている例は多いが、顧客を裏切る企業はとても新しいと感じる。

 

しかしまぁ程度の差こそあれ、従業員が良い思いをしている企業の中には、顧客に損をさせている企業もそれなりにあるような気がするが…。

 

果たしてPCデポの行為は100%悪だと言えるのか 

ここまで書いておいてなんだが、多少PCデポの味方をしたい部分もある。

 

それは販売テクニックのどこまでが商売でどこからが詐欺なのかという判断の難しさもあるのではないかと言うことだ。

 

そもそも想定よりも高額な金額の契約をさせることは営業テクニックの範疇なのではないか。高齢者が相手だと無条件に、シルバーシートを譲るようにボランティアの姿勢で販売せねばならないのか。

 

PCデポがアウトなら、似合ってもない服をお似合いですというショップ店員のお世辞は詐欺ではないのか。買った服を着て彼氏にフラれたら、その店員は責任をとるのか。金融機関のすすめる投資信託はどうなんだ。あれで儲かる人はいるのか。

 

海外に旅行に行くと、値切れば価格が10分の1くらいになることもあるそうだが、商取引とは元来「やるかやられるか」の世界なのではないか(多少の化かし合いがあるものではないのか)。

 

この問題はPCデポに鉄槌を下せばハイ終了、となるような問題ではないような気がしている。

 

PCデポが黒なら、他にも黒判定されてしまう企業はいくらでもあるだろう。PCデポを叩いて満足していてはいけない。