読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

ぼくがこれからも「食べログ」を使い続ける理由。

考え方 考え方-生活 日常 日常-ネタ

f:id:halmali:20160910225700j:plain

食べログの有料サービスを拒否した結果、店の評価を下げられたと主張する店主が現れ、食べログの公平性が問題になっているらしい。

 

このニュースを受けて「もう食べログなんて信じられない!」とった意見もちらほら見かける。

 

でも多分、ぼくはこれからも食べログを使い続けるだろうな。

実はぼくも一時期「食べログけしからん」と思った時期があったのだけど、やっぱり食べログは便利だという結論に至っている。

 

そう思う理由はこんな感じ。

 

食べログに代わるサイトがない

「Yelp」

「Retty」

など、レストランを探せるサービスは食べログ以外にもあるのだけど、圧倒的に食べログの情報量が多い。あるいは質も高い。

 

上記2つのクチコミサイトではミーハーな店ばかりがピックアップされており、ぼくはまったく情報価値を感じられない。知っている店ばかりが載っている印象。

 

食べログは「辞書」的な使い方をしている

いきたい店やいった店を分類してブックマークしている。

ピンポイントで店を探すときは、食べログのブックマーク機能を利用して検索するから、店の点数がどうだろうがぼくには関係がない。

 

食べログで点数の高い店が、そこそこウマいのは確か

点数が不公平だと怒るのはお店側の事情なんだと思う。

お店からすれば客の入りに関わるから、憤慨するのは理解できる。

 

でも、利用者からすれば、点数の高い店に入ってそれなりに美味ければ、細かな誤差はそんなに気にならないんじゃないかな。

 

以下、食べログを利用して店を出た後によくあるパターン。

 

「この店3.5点だけど、ぶっちゃけ3.2くらいじゃない?でもまぁ悪くはなかったね」

「この店が3.0点!うわーこれはそのうち3.5くらいいくかもなぁ」

 

まぁこんなもんかなと思う。

他人の感覚で数値化されたものが、自分にまったくピタリとはまるわけないと思っているので多少の誤差は想定内。クチコミ数が少ない店は点数が低いので、想像以上に美味しいことも結構多い。

 

とりあえずぼく(ユーザー)からすれば、点数の高い店のなかに地雷がないのであれば食べログの目的は果たされていると考える。

 

実は良い店なのに、低い点がついている可能性について

これも気にならない。ランキングで下位に沈むと名店を見逃す可能性はあるが、検索できない店は存在しないのとイコールなので、その点は割り切って利用している。

そりゃ見つけられればその方が良いけど、見つけられないことでぼくが何か損をするかと言えばそんなこともない。

店主の人は残念だろうけど、食べログを使うぼくには関係のないことだ。

 

写真と値段で、良し悪しはだいたいわかる

メニューの相場とメニューのラインナップ、内装、料理の写真。

この辺りを確認すれば、その店がマルかバツかのざっくりとした判断はできる。そして予想が外れることはない。

マルのなかで松竹梅はあるかもしれないが、マルという予測の範疇ならば善しとしている。点数だけで判断すると、たまにおかしな店があるのは確かだけども。

 

誤差があった場合は来店時の感想を頭に入れておいて、次回に利用する際の参考にすれば問題ない。データが積み重なれば、イメージ通りの店に彼女や友人を連れていくことができる。

 

大事な場面で、一度も行ったことがない店に行く方がどうかしてる

ハズレを一緒に楽しめる間柄の人なら新規の店を開拓するのも、また外食の楽しみだったりする。

でも、大事な食事のときに食べログの情報をもとにセッティングするのは、そもそも間違っている。一度、自分で行って確認すべき。

食べログに絶対はない。だってクチコミだもの。広告に嘘が多いのは事実だが、クチコミだから常に正しい情報がのっているとは限らない。

むしろクチコミだからいい加減になっている点もある。たとえばお店の位置が間違っていたり、営業時間や曜日、定休日などが違っているときもある。

 

食べログ以外の手段も併用すればいい

インスタグラムでグルメ通の人をフォローすれば、新鮮な情報が次々流れてくる。

食べログにもまだ登録されていないようなイケてる新店情報は、インスタグラムやグルメブロガーから得ることが多い。

 

コンビニでグルメ雑誌を立ち読みして、トレンドを把握しておけばいい。ファッションと同じで定点観測していると、ちゃんと飲食店にもトレンドやブームがあることは理解できる。

 

自分のなかに相場観ができると、食べログの点数を鵜呑みにする必要はまったくなくなる。

 

ぼくの食べログランキングの見かた

ランキングで検索すると、点数の高い順番にお店が表示される。

ある程度、条件に合わせてソートしたら、上から順番にざっと眺めていく。ランキング上位の顔ぶれはある程度固定化しているので、すでに見たことのある店ばかりが並んでいる。

ざーっと飛ばし読みする。

たまに新顔があるので、その情報をチェックする。気になればブックマークに入れておく。

急ぎのときはブックマークから検索するので、特にイライラすることもない。

 

サクラや信者らしきクチコミは見ればすぐわかるので、いくつかのレビューを併読すればいい。Amazonのレビューだって、みんな同じような使い方をしていると思う。

 

実は以前、こんな記事を書いた

ぼくが食べログに感じている不満はレビューや得点の公平性ではなく、「利用目的に合わせた店」を探しづらい点にある。

 


「美味しい」「コスパいい」「雰囲気いい」だけが、求める飲食店の価値ではない。

ぼくが求めるのは、気兼ねなく長居できる店。

 

小食&アルコールが飲めない人とでもゆっくり話ができる店を探すのは難しく、そのニーズは食べログなど、現状のグルメサイトで満たすことはできていない。

 

 

最近、インスタグラムで写真だけを見て「美味しそう」だと判断し、その店に行く人が増えているらしい。

点数やレビューは、ユーザーにとって以前ほど重要ではなくなっているのかもしれない。

 

事実、食べログの点数が低くても、毎夜大賑わいしている名店はたくさんある。

いまどき、ウマい店は誰かが見つけて誰かが広める。食べログを通じて拡散していないだけで、何らかの手段を通じてクチコミは広まっていく。

 

飲食店の経営において、食べログの点数なんて旧時代のKPIなのだ。

食べログの点数が3.0だから客がこないのではない。

こんなこと、ぼくが言うまでもなく世の中のほとんどの店主はみんな分かっていて、今日も一生懸命、目の前のお客さんと向き合っている。