読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

紅白歌合戦2016のau公認感がすごかった!(など、つらつらと紅白歌合戦の雑感メモ)

メディア・広告

みんながみんな英雄 (フルバージョン)

 

NHKの紅白歌合戦をみていて感じたことをメモ。

 

視聴率を下げないように、めっちゃ計算してる

「いきものがかり」や「ゆず」など、万人に愛されるちゃんと聴かせられるアーティストはピンで見せ場を作っているのに対して、人気が一部の層に偏りがちなアーティストについては露骨にテコ入れを図っていた。

 

たとえばこんな感じ。

 

香西かおり⇒橋本マナミをバックダンサー的に起用

郷ひろみ⇒土屋太鳳<をバックダンサー的に起用

福田こうへい⇒本人の歌唱をあまり映さず関ジャニなどで絵力キープ

水森かおり⇒小林幸子っぽいラスボス衣装

 

紅白のバラエティ化

平野ノラや渡辺直美、ピコ太郎などがいつもの民法ノリで画面に登場。

大野君を中心とした嵐メンバーがからむMCも、完全に「嵐にしやがれ」のノリ。

歌の合間合間にマツコとタモリのゆるいトークをはさんだり。

りゅうちぇる&ぺこが出てたり(この2人ってポストぺーぱー夫妻ぽいよなぁ)。

紅白感は薄れたけど、すき間を埋めたことで間がもっている感じはする。

 

RADWIMPSの前前前世が思ったほど盛り上がらず

ボーカルがかなり緊張していたように感じた。

ふだんのパフォーマンスを発揮できてなかったのだろう。

新海誠監督が紅白のためにオリジナル編集した動画が流されていたが、やっぱりこの曲は映画ありきなのだなぁとつくづく思った。

ライブでやるなら、他の楽曲のほうが曲としてはもっと良いのがあると感じた。

…まぁ話題性との兼ね合いがあるので、これはしょうがないかな。

前前前世 (movie ver.)

 

紅白歌合戦の24時間テレビ化

桐谷健太の歌が奄美大島の子どもたちに愛されていることや被災地の人に勇気を与えていることなど、ドキュメンタリー番組風の演出が要所にあった。

 

司会の有村架純がauのCMに言及

桐谷健太が歌唱前に乙ちゃんも応援しているよ!的なことを言っていた。

しかしその設定はauのテレビCMの設定では?

とっさのアドリブという感じではなかったけれど、、、特定の企業をひいきすることがないNHKにしては珍しいことだと思った。

 

桐谷健太からのAI(みんながみんな英雄)という、auの紅白歌合戦ジャック

よくゆるしたな、この流れ。

auのCMを企画した人は天才だと思った。音楽番組のみならず、紅白出場という展開まで見通していたのだろう。

しかし、公共放送としてはちょっとどうかと思う。

バランスをとって司会にペッパー君も起用すべきだったんじゃないのか。

 

なんだかんだで豪華アーティストが集結

福山雅治が年越しライブとの掛け持ち出演だったりと色々都合はあるようだけど、みんなが観たいと思えるアーティストをよく集めていたように思う。

 

個人的にはRADWIMPSや椎名林檎、宇多田ヒカルの出場が嬉しかった。というか、ずっと出てなかった宇多田ヒカルがついに紅白に出るのだね。

ミュージシャンもビジネスマンであり、企業家なのだと思わずにはいられない。みんな大御所になってくると行きつくところは長いものであるNHKなのね。

 

その点で言えば、ちゃっかり出場し続けている西野カナは偉い(今年7回目)。

婆になって恋の歌が歌えなくなったあとのセカンドキャリアもちゃんと見据えてる。けっこうしっかり者だ。

 

個人的には、息を吹き返した感のある紅白歌合戦

今年は紅白歌合戦の超大御所、和田アキ子の落選に代表されるように、紅白が老い先短いジジババ視聴者を捨てて、次世代の層の取り込みに本腰を入れ始めた年と言えるかもしれない。

 

「君の名は。」 や「シンゴジラ」「ピコ太郎」「恋ダンス」など流行ものも積極的に取り入れた(ややPPAPを引っ張りすぎてくどいようにも思えたがw)。

保守的なイメージのあるNHKのイメージとしては意外だった。

 

裏番組の「笑ってはいけない~」で大御所を登場させてパロったりいじったりするネタがあるけれど、なかには紅白が今年やったことはその豪華版であり、くだらないと言う人もいるかもしれない。

 

でも、その年の話題の歌やエンターテイメントを取り入れることで、紅白がかつて演出できていたオールスター感は、また違った形で演出できていたのではないかと思う。

 

残念ながら、いまの若い人は、和田アキ子や北島三郎では盛り上がれない。

ある種、低俗に見えたとしても、これは立派に時代に合わせた適応だと感じる。

紅白歌合戦が時代に合わせて変わろうとしている、その兆しを感じることができた。

 

 

さて、2016年もそろそろ終わりです。

2016年は当ブログを42万人オーバーの方にご覧いただけました。

匿名のよくわからないヤツの記事でも、こんなにたくさんの人に読んでもらえるのだと勇気をもらっておる次第です。

 

2017年もマイペースに更新して参ります。

引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。 

 

 

宇多田ヒカルの出場は嬉しかったけど、海外のスタジオから中継だったのはちょっぴり残念。久々の楽曲リリースだからなのか声もあんまり出てなかった。

個人的に2016ベスト曲なのだが。

 

…と、言うてる間に明けましたね。

2017年もよろしくお願いいたします。

Fantôme

Fantôme

  • アーティスト: 宇多田ヒカル
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD
 

 

さっそく追記。

そういや、紅白の採点。

あれなんで紅組が勝ったんでしょね(´・ω・`)

審査員がすべてってことか。司会の有村ちゃん驚いとったね。

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.