ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

自分のポジションよりも一つ高いレベルの仕事をせねばならない、をトランプ大統領にあてはめると…。

ドナルドトランプ グッズ ペン立て 文鎮 おもしろグッズ アメリカ 大統領 政治家 文具 ギフト プレゼント [並行輸入品]

トランプ氏「雇用創る大統領に」 当選後初の会見 :日本経済新聞

 

ビジネスの世界では「係長は課長レベルの仕事を」「課長は部長レベルの仕事を」といったことが、しばしば言われる。

現状維持ではなく、目線を高く持って仕事せよということだ。

経営者目線を持て、と言われるのに似ている。

 

この観点で考えると、トランプ大統領の無能ぶりがよくわかる。

 

クライスラーやフォードなど、いくつかの自動車メーカーに対して、アメリカへの投資話をひきだしたことは一見すると「トランプよくやった!」なのだが、これは、ワンランクどころか2ランクも、3ランクも格下の仕事をしているにすぎない。

 

「製薬産業も米国で生産してほしい」

 

( ゚д゚)ポカーン

 

関税等を武器に恐喝すれば、そりゃ企業は何らかのレスポンスをせざるを得ないでしょうよ。

だって世界一の権力者に圧力をかけられたら、反抗はできないから。

 

大統領は、もっとレイヤーの最上位の仕事をすべきだ。

雇用創出なんて経営者のやることだ。

 

だから普通の大統領は、企業が元気になる政策を打ち出す。政策が効いて企業が元気になれば雇用が増えると考えられているからだ。

それがセオリーだ。

 

それをトランプ大統領は、企業や業界を名指しして「点」で改善を図ろうとしている。

 

たとえるなら、ユニクロの柳井さんが店舗の監視カメラにはりついて、いちいち指示を飛ばしているようなものだ。

まったく効率的じゃない。

 

 

「人のふり見て我がふり直せ」という言葉がある。

 

サラリーマンは、トランプ大統領のような状況に陥りがちだから気を付ける必要がある。

 

もともと難易度の低い仕事で「Excellent」を連発しても、低いスコアしか出ないのである。

表面上はパーフェクトということなのかもしれないが、それで周囲の尊敬を集めることなど決してできない。

この事実を忘れてはいけない。

 

自らハードモードにチャレンジして、ときに「Bad」や「Poor」の結果を甘んじて受けながらも、目の前の仕事をクリアしてみせねば…。

涼しい顔してイージーモードの仕事をこなすより、汗だくになってでもハードな仕事に取り組む攻めの姿勢が、上に立つ者には求められると思う。

 

私は、神がこれまで創造したなかで、もっとも偉大な「雇用創出大統領になる」。間違いない。/2015年6月16日、大統領選出馬宣言にて

*ドナルド・トランプ全語録より引用

ドナルド・トランプ全語録―この男の言葉で世界はどう変わるのか?

ドナルド・トランプ全語録―この男の言葉で世界はどう変わるのか?

  • 作者: 手嶋龍一
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: ?
 
Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.