読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

外部環境を変えることで、自分をコントロールするクセがつくとヤバイ。

社会・ライフスタイル

f:id:halmali:20170319193103j:plain

『勉強している学生の方々へ』ファミレスの注意喚起が「正論」と反響

勉強などで長時間居座る学生に対して、ファミレスが各テーブルに注意喚起のメッセージを置いているという記事を見た。

 

それで色々思うところがあったので書く。

ファミレスのメッセージ、中途半端すぎ

タイトルの件に触れる前に、とりあえずこっちから。

記事になっているジョイフルでは、各テーブルにこんなメッセージが置かれているそうな。

 

勉強されておられる学生の方々へ

定期試験お疲れ様です。そして、いつも当店をご利用いただきありがとうございます。
他社などにおいては、施設内において勉強等をすることを禁止されているところもあります。
しかし、私どもは学生の皆さんを応援し、
勉強等もしていただいてもかまわないと考えております。

ただ、考えていただきたいことが1つございます。
ここは、ファミリーレストランであり、お食事をする施設である事。
つまり、お食事をされるお客様を最優先として考えていただきたいと考えています。

お食事をしにご来店されたお客様がお食事が出来なく、
帰っていかれることもしばしばございます。
また、お勉強されることに関し、不快に思われるお客様もおられます。

お客様それぞれ様々な目的でこられておりますが、
『お食事されるお客様それぞれに快適な環境で美味しい料理を提供したい』
私達はその一心でございます。

何卒、ご理解いただきます様、よろしくお願い致します

 

※一部、誤字と思われる箇所を訂正済

 

いかにも日本的な文面で、真意を測りかねる。

 

私どもは学生の皆さんを応援し、
勉強等もしていただいてもかまわないと考えております。

 

と言っておきながら、

 

お勉強されることに関し、不快に思われるお客様もおられます。

 

ってこれ、実質のお断りじゃないか。

 

しかし、ファミレスに長居する空気の読めない学生に、この言い回しで伝わるとは思えない。

これでは解釈が人それぞれになる。

結果的に、空気の読める良客の利用が減り、空気の読めない迷惑客のみが、引き続き長居するだけになるんじゃないか。多分そうなるでしょう。ご愁傷様です。

 

ファミレスで勉強する学生は、将来伸びない

ここからが本題。

これ、完全に偏見でしかないけど、「ファミレスで勉強する学生は、頑張れない大人になる可能性が高い」と思う。

 

この手の人は社会人にもたくさんいる。

休日にわざわざコーヒーショップに行って、資格の勉強をする人。

転職活動をするためにネットカフェに行く人。

オフィスがあるのに、わざわざファミレスに行ってPC作業する人。

 

家庭の事情など、特別な理由がある人は別だけど、何かをするのにわざわざ場所を変える必要がある人には、ある傾向がある。

 

それは自分の意志で、自分にスイッチを入れられない、ということだ。

 

自分の意志で頭の切り替えができないから、ファミレスに入り外部環境を変えることで、勉強する気分を作り出している。

 

外部環境によって自分をコントロールするクセがつくとヤバイ

それは、社会人になると、外部環境を変えられないことが多くなるから。

いつも万全の外部環境のなかで、パフォーマンスできるとは限らない。

 

客先でストレスにさらされながら作業することもあるだろうし、体調が悪くても踏ん張らないといけないこともある。

周囲の「人」の環境もそうだ。苦手な人に囲まれた状況で仕事することになるかもしれない。

スキマ時間で仕上げる仕事や自分の勉強時間を確保しなくてはいけないことも増えるだろう。

 

スイッチをオン・オフするように、気持ちの切り替えを頭の中でパチリと手軽にできなければ、常に周りに流されながら生きることになってしまう。

それは、あまり愉快な生き方ではないと思う。

 

ファミレスよりも手軽で汎用性の高い、気持ちの切り替え儀式を持つべし

言うは易しで、実を言うと、ぼくも気持ちを切り替えるのは苦手なタイプだ。

というか、極論、みんなそうなんじゃないか。

 

ただ、ファミレスに行く、というのは気持ちの切り替え儀式として、ちょっと手間がかかりすぎている。

どうせなら、いつでもできる手軽なものがいい。

 

たとえばコーヒーを飲む。お茶を飲む。伸びをする。トイレに行く。とか。

 

スポーツ選手だって、たとえばイチローがバッターボックスに入る前に決まった動作をする。五郎丸ポーズもそう。

みんな、その場で手軽にできる何かで、気持ちを切り替えて集中力を高めている。

 

 

学生の間はファミレスの助けを借りて嫌な勉強に取り組むのも悪くない。

でも、将来のことを考えるなら、よりささやかな儀式で気持ちを切り替えられるトレーニングをしておいた方が、後々、楽になれると思う。

 

くだらない話のようだけど、いかに手軽に集中状態に入れるかは、その人の人生のパフォーマンスにかなり影響する要素だと思ったので書いてみた。

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.