ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

キリンの新作ノンアルコールビール「ゼロイチ」の感想。

キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

最近、ノンアルコールビールをよく飲みます。

そんななか、キリンビールが満を持して一番搾り製法のノンアルコールビールを出すというので、さっそく買って飲んでみました。

 

ちなみに、ふつうのビールの好みで言うと、

 

洋食⇒サントリー

和食⇒キリン

オールマイティ⇒アサヒ

 

な感じです。

というわけで、さっそくレビューです。

 

見た目

すっごくビールです。

色も濃い黄金色で、実にうまそうなビールの色。

f:id:halmali:20170413210428j:plain

※中身の色を撮るために、泡が消えてから撮ってます。

 

どうです?

いい感じの色だと思いませんか。

 

香り

ノンアルコールビール特有の、嫌な臭いはかなり抑えられています。

最初のひと口だけがちょっと臭いを感じてしまいましたが、ふた口めからは気にならないレベル。全然問題ありません。

 

全体的に香りは控えめです。

変な臭いがするよりはダンゼン飲みやすくて良いのですが、ビールの華やかな香りをイメージしていると、肩透かしになるでしょうね。

 

ただ、他のノンアルと比較して劣っているといったことはないです。

ノンアルコールビールの領域では、香りはまだ未開の地ってことですね。

ゼロイチでもここは開拓できなかったか、という感じ。

 

風味

鼻から抜ける感じは、ビールというより第三のビール風。

第三のビールの場合は、ビールに比べてアルコールの香りが立っていてツンとくるのですが、それをややまろやかにしたような風味です。

よく冷やしてゴクゴク飲んだら、かなりビールっぽい感じを味わえます。

飲み終わりに鼻からスーッと抜けるときの感じも、かなりイイ線いってます。

 

味はさすがです。

さきほど第三のビールに似ていると書きましたが、あれは実はほめ言葉。

これまで飲んだ中で、一番ビールに近いと感じました。

 

ぼくのお気に入りの、オールフリー・エクストラホップが、

サントリー オールフリー エクストラホップ 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料

外国のさっぱり薄味ビールに近いとすれば、

 

キリンのゼロイチは、まさに日本のビールのそれに近い。

若干の香ばしさも感じられて、それがビールっぽさになっています。

 

ノンアルコールビールに共有の不自然な「酸味」も、かなり抑えられていると感じました。

 

カロリーと糖質

こちらはゼロ、ではありません。

ただ、350mlで28kcalなので、まったく気にするレベルではないですね。

糖質も350mlで7gなので、あってないようなもんです。

ぼくはダイエットしているわけじゃないので、特に気になりませんでした。

 

総評

キリンのノンアルコールビールって、これまで苦手でした。

クセが強くて飲みにくかったんです。

ゼロイチでは、その点が見事に改善されていました。

 

これ居酒屋に置いて欲しいなぁ。

2杯目からはゼロイチで、とかにしたら平日の飲み会も、もっと気楽に楽しめると思うんだけどなぁ。

キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

  • 出版社/メーカー: キリンビール
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 食品&飲料
 

 

【関連記事】

おすすめ国産ノンアルコールビール15本をガチレビュー。【1本240円のノンアル地ビールも】

大酒飲みも禁酒成功した、完成度高すぎのノンアルコールビール。

ビタミン剤とヨーグルトと禁酒で花粉症が治りました(※個人の感想です)

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.