ツイブロ

求人広告のライターが、ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれをツイーっと書き込んでいるブログです。心に残るヘリクツをお届けします。

座る権利を譲っているのだから、電車で席を譲る人は偉い。最初から立っているヤツは単なるプア。

f:id:halmali:20170804204822j:plain

電車で、お年寄りに遠慮して始めから座らない若者が褒められないのは不条理じゃない?という話 - Togetterまとめ

こんなまとめがあって、面白い視点だと思った。

 

おおもとのツイートはこちら。

でもこれは間違いだと思う。残念ながら。

 

電車で座っている人は、その時点で「座る権利」を手に入れている。

その若者は、お年寄りに「座る権利」を譲っているわけだから、これは偉いよ。

相手に価値を提供してるわけだから。

 

でも、最初から立ったままだった人は、そもそも「座る権利」を持ってないんだよ。だから何も偉くない。ただ座る権利を放棄したプアでしかない。

 

たとえ話で、わざと問題を起こしてから対処する人が評価されることと同列に話している人がいるけれど、それと同列に語るのは大きな間違いだと思う。

 

なぜなら仕事の場合は、その人は意図的にマイナスのことをしてるわけでしょう。

これはただ単に、ずる賢い社員のマッチポンプを見抜けない評価制度に落ち度があるのだと思う。

 

しかし電車の件は、立っている人にも座っていた人にも落ち度はない。

ただ、座っていた人は「座れる権利」を有しており、立っていた人は「座れる権利」を有していなかったというだけの話だ。

 

最初から立っている人が褒められることは絶対にないし、立っている人が「気の利く人」であるはずもない。

 

本当に気の利く人ならば、むしろ積極的に席に座っておくべき。

 

そして、ご老人が乗車してきたらすかさず、

 

「殿、席を温めておきましたぞ!」

 

と秀吉のごとき勢いで、座る権利をお譲りせねばなりませぬ。

 

だから席を譲った人はとても偉い。

天下人になれるくらい器の大きな、素晴らしき御仁なのでありまする。

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.