ツイブロ|就活ネタとか色々

人材業界で働いています。ブラック労働や就活、人材業界周辺のことなど、日常のあれこれを書いています。

綾瀬はるかのドラマ、義母と娘のブルースがクッソ面白かった。(1話感想)

義母と娘のブルース|綾瀬はるか

義母と娘のブルースが、なんとなく見始めたらクソ面白かったので書きます。

 

筋書きは、妻を亡くした宮本良一(竹野内豊)が岩木亜希子(綾瀬はるか)と再婚しようとしていて、だけども良一には小学生の娘、みゆきがいるという設定なんですね。

 

女の子はませてますから、なかなかお父さんの再婚は受け入れられないわけです。

 

その娘さん相手に、婚約者の綾瀬はるか演じるバリキャリウーマンの岩木亜希子が、ビジネススキルを駆使して、どうにか取り入ろうとするのですが…。

 

子ども相手に、ビジネススキル全開で挑む亜希子さんが相当面白いw

義母と娘のブルース:名刺交換

フォトギャラリー|火曜ドラマ『義母と娘のブルース』

 

みゆきちゃんに自己紹介するために、名刺を差し出して自己紹介したり、ガチの履歴書を手渡ししたり、「つり橋効果」を駆使して気に入られようとしたり。

なかなかにぶっ飛んだ行動をとります。

 

みゆきちゃんに気に入られるために、亜希子は、私が母親になる「メリット」を感じてもらわねば、「ソリューション」を提供せねば、と真顔で言ってのけます。

子ども相手に使う言葉じゃないからこそのズレがたまらんですね。

 

そして終盤には、男子たちにいじめられているみゆきちゃんに、亜希子は孫氏の兵法を説いたり、「あの男子グループはトップダウン組織だから交渉事はトップと1対1でやったほうが話は早い」と、みゆきちゃんをけしかけるなど、相変わらずの破天荒ぶりを発揮するのですが。。。

 

このドラマが心憎いのは、終盤に、ちゃんと家族らしいハートフルな展開が用意されていたこと。

 

亜希子のみゆきちゃんに対する真摯な姿勢は、ませた女の子だからこそ察するところもあり、実際、いじめっこ男子と和解できた実績も後押しになって、2人の間に小さな信頼関係が生まれます。

 

最後、亜希子に送られたみゆきちゃんからの手紙が、企業からの合格通知風だったことが、またいい味を出しています。

 

以前に「家売るオンナ」という北川景子が不動産屋を演じるドラマがありましたが、それとテイストはけっこう似ていると感じました。

超ビジネスライクにデフォルメされた美女が、表面的にはぶっとんだ行動をとるんだけども、実は人の心の芯をとらえたコミュニケーションをとっているという構図が共通していると感じます。

 

僕は、この手の濃い味つけのコメディがとんでもなく大好きなので、ドラマがスタートして間もなく、亜希子さんがお尻を後ろに突き出しながら、娘にビシッと名刺を差し出した瞬間にやられましたね。

いやぁこれはたまらんです。次回から録画MUST。

 

さて。

せっかくなので最後に少しだけ真面目なことも書くと、このドラマでは、ほとんどの大人がバカらしく描かれていて、小学生のみゆきちゃんがとても賢く描かれているのが、ある種の風刺になっているのも面白いと感じました。

 

大人たちは、偉い人に媚びたり、ロジックや心理学や損得を計算して人を操作したり…。

 

大人が日々演じている社会人としてのふるまいが、いざ子どもの視点から見たときに、いかに上滑りしていて滑稽か、というのを思い知らされた心地がしました。

 

幼くして母親を亡くした子どもの辛さ、苦悩というのが、綾瀬はるかを筆頭にした大人キャラクターたちの、強烈な個性の光の反対側に浮かび上がる陰として、じわりと浮かび上がります。

この辺りが、ドラマ全体を通じて、あとあと利いてくるのではないかと期待してしまいますね。次週からも楽しみなドラマです。

 

最後に、綾瀬はるかの女優魂を感じる、この一枚を張り付けて終わります。

義母と娘のブルース|綾瀬はるか

 

<関連記事>

ドラマの魅力は、4話の竹野内豊が全部言ってくれた:義母と娘のブルース感想(2~4話)

Copyright ©2017 ツイブロ All rights reserved.